お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

100万円の大口融資は今すぐお金を借りれる?収入証明不要の銀行が狙い目だね

狙い目は意外と銀行である

今すぐに100万円という多額借入を希望する場合は消費者金融か銀行か、どちらの会社を選ぶべきなのか迷うところですが、これは実のところ意外と狙い目なのは確実に銀行です。

銀行カードローンは収入証明不要として申し込むことも可能であり、その限度額については100万~300万が相場となっており、この範囲の限度額において収入証明不要でも申込が可能となっています。
収入証明可否の限度額
・ソニー銀行のカードローン(300万円)
・横浜銀行カードローン(300万円)
・みずほ銀行カードローン(200万円)
・京都銀行 京銀カードローン(100万円)
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(300万円)
・みなと銀行カードローン(300万円)
・但馬銀行 スピードポケットプラス(300万円)
・中国銀行 コ・レ・カ(100万円)
・愛知銀行 リブレ(200万円)


要するに通常はこのくらいの多額借入になると収入証明を出す必要がありますが、銀行はこの時点ですでに審査基準が低いと言えます。うまくいけば人によっては身分証明だけで100万という多額借入に成功することも当然ながらありえます。

さらにおすすめな方法は銀行の収入証明不要の融資へ100万の多額借入を成功させるために申込条件としては収入証明が不要となっていても、しっかりと希望額を100万円として収入証明を提出して申し込むのが良いです。

大抵は限度額100万までなら収入証明不要となっていてもその通りに申し込みをすると限度額50万など少額が適用されるケースが多いです。そこであえてしっかりと収入証明から勝負することで目的を達成しやすくなります。

スポンサーリンク

収入証明不要の限度額が大きなところを選ぶ

銀行の収入証明不要の融資はいろんな銀行で見つけることが出来るので、100万円を即日融資でゲットするためにも収入証明不要で借入できる限度額が大きな金額になっている銀行を狙っていくのも一つの方法です。

例えば、限度額100万まで収入証明不要という会社よりも限度額300万まで収入証明不要となっている銀行の方が、基本的には収入証明不要で借入できる金額の可能性が大きくなりますし、そうしたところで申し込みをする時に収入証明を提出するとさらに目的の100万円をしっかりと採用されやすくなります。

この場合、限度額300万円までなら収入証明が不要でも申し込めるわけですが、希望額は欲張らずにしっかりと100万円にして申し込みをすることも一つのコツとなります。希望額というのはあくまでも希望なので、例えば希望額を1000万としても、100万円なら融資可能と判断されることは十分にありえるということです。

しかし、希望額を小さくするとやはり審査に合格できる可能性は高くなってきますし、その希望額があれば良いという意思を伝えることにもなるので、あまり希望額は欲張らない方が少なからず合格率は高くなります。

即日融資の注意点を知っておこう

100万円を借入する場合は即日として借りることを目的としている場合が多いわけですが、今日多額借入をするためには借りることが出来るかどうかを考えながらも、今日審査結果が出るのかどうかも考えなければなりません。

関連記事:
>>即日振込も可能な消費者金融アコムでお金を借りる
>>即日審査の新生銀行カードローン レイクは即日融資も可能
>>横浜銀行カードローンは即日審査も可能!最短即日融資で急なお金のピンチを脱する

即日融資の注意点をいくつか知っておきましょう。まず、即日融資はどんな会社へ申し込みをするにしても時間帯が重要であり、さらには曜日も確認しておく必要があります。曜日は週末ならば週末でも即日で審査をしてくれるかどうかを見ること、時間帯に関しては多くの会社は朝一番に申し込みをしなければ審査が間に合わないので、これも気を付けておく必要があります。

また、銀行へ申込む場合はその銀行で口座を開設しなければならない場合がありますが、この場合はさらに時間がかかることが想定されるので、なるべく今晩に申し込むなど、早めに申し込みを完了しておくことが大事です。

今から申し込むなら明日に借りる、こうした余裕を持っておく方が確実です。どうしても朝一番に申し込みをしなければならないというなら、銀行の場合は店頭から申し込みをするほうが口座開設から融資の契約までを素早く完了しやすいです。

スポンサーリンク

遅延の後に来る債権回収会社には要注意~裁判沙汰や差押えになる?


スポンサーリンク

債権回収会社とはそもそも何か

現代ではさまざまなところで借金がされるようになっていますが、その借金は債権と債務に分けて考えることが出来ます。ざっくりと説明すればお金を貸している側がもつ「返済してもらう権利」が債権であり、お金を借りている側がもつ「返済する義務」が債務です。
 
そしてこのうち債権に深くかかわってくるのが「債権回収会社」という会社です。
 
ではそもそもこの債権回収会社とは何かと言うと、これはその名の通り債権を回収することを生業にしている会社です。サービサーと呼ばれることもありますが、この会社は本来の債権者が何らかの理由で債権の回収が出来なくなった、出来ないと判断したという場合に債権の回収業務を委託されて回収を行うことになります。
 
(参考)JCS-日本債権回収株式会社
http://www.japanservicer.co.jp/
 
本来は債権の回収は銀行や消費者金融などの金融機関が行うべきとされているのですが、この債権回収会社は「債権管理回収業に関する特別措置法」という法律の許可を得て、債権の回収に当たっているのです。
 
これがあることでバブル経済の後で大量に生まれた不良債権の回収が行われてきたのですが、最近ではキャッシングやカードローンによって、この債権回収会社と関係を持ってしまう人が多く見られますので注意が必要です。
 
 
スポンサーリンク



遅延を繰り返した時には債権回収に注意

ではキャッシングやカードローンで債権回収会社が来るとすればどういった場合が考えられるのかと言うと、端的に述べれば債権者が債権の回収を委託した場合です。と言っても債権者が委託をするのには手数料などもかかるわけですから、通常通り返済している限り、こうした会社が連絡を取ってくる事はありません
 
しかし問題となるのが遅延を繰り返していた場合です。返済予定日に返済をしない、新たに設定した予定日も無視するということになると、債権者はこの会社に債権回収を依頼するのです。この会社が登場したということは、債務者はとにかく素早く対応することが必要です。
 
本来であれば債権者としても依頼をせずに回収したかったのですから、それであるにも関わらず依頼がされたということは、本気で回収をしに来ているということなのです。
 
遅延を繰り返して債権回収会社が来ても無視をするということになってしまうと、最悪の場合強制執行、いわゆる差し押さえをされてしまいます。相手は債権回収のプロですから、もし自分が何も対応しなければかなり早い段階で強制執行の告知をかけに来るでしょう。差し押さえをされたいという人はいないはずですから、とにかく早く対応しなくてはなりません。
 

通知が来た時の対処として行うべきこと

では実際に債権回収会社から通知、督促状が来た際にはどういった対処をすればよいのかと言うと、まず一つ目の方法が一括返済です。債権回収会社は督促状の中で一括返済をしてほしい、そうでなければ強制執行に踏み切るというような内容で通知をしてきます。ですから一括返済してしまえば問題はありません。
 
ですが現実としてそうしたことはほぼ不可能ですから、もう一つの方法として裁判に向けての準備をすることになります。裁判所に対して異議申し立てをして、そこで和解を狙っていくのです。ただこうしたことは一般人にはかなり難しいのが現実だというのには注意が必要です。手続きの中では法務知識が必要不可欠になりますし、遅延があった以上自分の非は明らかでしょう。
 
そのため債務整理などを含めてみていかなくてはならないということになるのですが、そのためにはやはり法務知識が必要です。ですから弁護士などに依頼をすることが必要となるのですが、遅延をしてはじめてこうした会社から連絡が来たということで慌ててしまい、結局何もできなかったという人もそれなりにいるのです。「自分はそうならない」と思ってしまうのではなく、こういった注意点もあるのだとしてしっかり覚えておきましょう。

 

イロハ 返済    コメント:0

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産がある~自己破産はギャンブルの場合だと破産できない?


スポンサーリンク

債務整理で借金問題の解決を

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで借りたお金は、返済期日が到来すれば、返さなければなりません。返済しないままでいると、支払督促へと進み、最終的に強制執行による差押えが待ち構えています。
 
しかし、どうしても返すことができない場合には、どうすればよいのでしょうか。返済が不可能な場合は、債務整理によって減額または免除することができます。債務整理は、債務に苦しむ人を救済する法的制度で、任意整理民事再生自己破産の3種類があります。
 
おおまかな特徴として、任意整理や民事再生は借りたお金を減額して、将来分割して払っていく制度です。一方、自己破産は借りたお金がゼロになる制度です。
 
いずれの場合も弁護士や司法書士に依頼することで、債権者からの督促はストップします。
 
 

任意整理と民事再生の特徴について

任意整理と民事再生ではいずれも、借金を減額して、減額後の借金を原則3年で分割弁済していきます。将来、分割後弁済していかなければならないので、定期的な収入のある者が対象になります。
 
任意整理と民事再生の大きな違いは、以下の2点です。まず、借金の減額幅という点です。任意整理の減額は、利息制限法を超える違法な金利部分に限られますが、民事再生はそれだけに限らず、大幅な減額が可能です。
 
次に、裁判所の介入があるか否かという点です。任意整理は裁判所を介さない私的な債務整理手続きであるのに対し、民事再生は裁判所の介入を要します。
 
任意整理の方が、裁判所を介さない分、手続きが簡便ですが、あくまで私的な交渉手続なので、銀行や消費者金融が応じない場合には、任意整理によることはできません。
 
 

自己破産の特徴について

自己破産の特徴は、先にも触れた通り、借りたお金を帳消しにできる点です。しかし、誰でも帳消しにできるわけではありません。
 
裁判所の免責許可を得た者だけが対象になります。許可が得られないのは、資産を隠したり、ギャンブルや浪費による財産の減少の場合です。法が定めるこれらの不許可事由に該当せず、裁判所による許可が得られれば、晴れて借金ゼロとなります。
 
ただし、自己破産には次のようなデメリットもあります。まず、家や車、有価証券といった財産を失うことになります。また、自己破産後5年から7年はお金を借りることができなくなります。
>>一部の消費者金融では債務整理後の借入も可能~ヤミ金で借りる行為はダメ
 
いわゆるブラックリストに名前が載るので、金融機関の審査が通らなくなるのです。さらに、警備員や保険外交員のような仕事に就けなくなるので、当該企業に就いている人は注意が必要です。

 

コラム イロハ 返済    コメント:0

1 2 3 50