お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

パートやアルバイト、派遣社員でも借入も可能な低金利の銀行マイカーローン




スポンサーリンク

銀行のマイカーローンを利用

今までに乗っていた車の老朽化が進んで新しく車を購入したいと家族で話をしていました。ある程度の年収はあるものの、住宅ローンも返済しているし、子どもの教育費もかかるようになってきたので、一括で支払いすることも厳しく、手元にお金を残しておきたいこともあって、金融機関に一部を借入れすることにしました。
 
ディーラーや農協、銀行などの金融機関でマイカーローンの扱いがあるのですが、中でも給与振込みの口座のある銀行に相談することにしました。普段から取引のある銀行であれば、安心して借入れができると思ったのです。
 

銀行マイカーローン

・ちばぎんマイカーローン(千葉銀行)
・しずぎんマイカーローン(静岡銀行)
・愛車ライフ ネクスト(八千代銀行)
・ミスター自動車ローン(住信SBIネット銀行)
・関西アーバン銀行
・横浜銀行マイカーローン
・JAバンク
・西日本シティ銀行 EZマイカーローン
・伊予銀行
・114マイカーローン(百十四銀行)
 
頭金を100万円出し、あとの150万円を借入れで対応したいと思っていたのです。年利も気になるところだったのですが、金利が高いと思われる銀行でもわりと低い金利で借りることができるようになったのです。
 
通常、マイカーローンの年利は年3.90%の設定だったのですが、銀行との取引内容にで1%下げてもらうことができ、さらには、給与振込の指定口座であるので0.5%、住宅ローンを借りている関係で0.5%、そして環境車を購入するということで0.5%の全部で1.75%を下げてもらうことができたのです。年利2.15%というのは、ディーラーなどよりも安い金利になったのです。
 
 

マイカーローンの申し込みや融資、そして返済計画

お金を借りる限りは、返済をしていく義務が生じます。年利2.15%ではありますが、借入れ額は150万円であり、長く返済を続ければ、金利の負担も重くなります。こちらの銀行では8年以内に返済をするということになっているのですが、それよりも早めに返済すると言う計画を立てて、5年返済にすることにしました。
 
マイカーローンの申し込みは意外に簡単であり、普段の口座の取引印鑑と運転免許証、そして資金使途確認書類だけでした。スピード審査でしたので、翌日には審査の結果がわかって融資をしてもらうことができ、欲しいと思っていた車を手に入れることができたのです。また、金利に保証料が含まれているので、保証人は不要でした。
 
このように、普段使っている銀行のマイカーローンにして、本当によかったと思います。おかげで好きな車に新車で購入することができるようになったのです。
 
マイカーローンは、条件によっては年利を低くしてもらうことができる場合があります。ディーラーやほかの金融機関などでの借入れよりも返済額が抑えられたりするので、いろいろな場合で比較をしてみるといいでしょう。それぞれの条件も異なるので、注意しながら検討すれば、このようにうまく借りることができるのです。
 
(体験談)



スポンサーリンク

 

体験談 イロハ 自動車ローン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed