お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

お金を借りる時、大手の銀行や消費者金融だけでなく街金もある。街金と闇金は違う




スポンサーリンク

街金と闇金はまったく違う存在

給料日はまだまだ先だけど、どうしても今日中にお金を支払わなければいけないことも長い人生の中にはよくあります。
 
そんな時のために、しっかり貯金をしておくことは大事ですが、いつもギリギリで生活している人は、なかなか貯金ができません。周りに貸してくれる人がいればいいですが、急ぎだとなかなかお金を貸してくれる人は少ないです。金融機関からキャッシングすれば、誰にも迷惑をかけずに借り入れができます。
 
キャッシングカードを持っていれば、24時間いつでもコンビニATMからキャッシングできるので、いざという時には頼りになります。
 
カードローンに申し込む場合は、どこの金融機関に申し込むか迷いますが、銀行は金利は低くて返済しやすいですが、審査に時間がかかるので急いでお金を借りる場合はむきません。街金ならば審査スピードがかなり早く、即日融資も可能なので、急いでお金を借りたい人には人気があります。
 

街金とは?
街金は、特定の地域でお金を貸している小規模の貸金業者のことをいいます。これは、貸金業者の事務所が市街地(街中)にあることが多かったことに由来する呼称だそうです。
 
引用元:金融経済用語集

人気の街金

・エニー
ライフティ(人気)
フクホー(人気)
・スカイオフィス
・ハローハッピー
・ユニーファイナンス
・アロー
・マンモスローン
・エフォートコーポレーション
・キャレント
・ビアイジ
・ニチデン
・中央リテール
・日本保証
・アスカ
・シティファイナンスジャパン
・ミリオンインベストメント
・オリーブファイナンス
 
 

今すぐに街金でお金を借りる

即日融資を受ける時に気をつけることは、必要書類をしっかり用意することです。保証人や担保は必要ありませんが、本人確認証は必ず用意しなければいけません。本人確認書類は運転免許証や保険証ですが、今住んでいる住所と本人確認書類の住所が違っている場合は、住民票の写しや公共料金の領収書など、今住んでいる住所が書かれた書類を提出しなければいけません。
 
即日借入の審査には、受付時間があるのでできるだけ早目に申し込むことが大事です。受付時間ギリギリに申込むと、審査を翌日に回されてしまうので、その日のうちにお金を借りることができなくなります。契約内容によっては、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要になるのであらかじめ用意しておくと、審査もスムーズにおこなえます。
 
街金では総量規制がある関係で年収の3分の1までしか借りれないので、自分の年収をしっかり確認してから申込みましょう。
 
街金からお金を借りることは、以前はあまり良いイメージをもたない人も多かったですが、今はパソコンやスマホから簡単に申込めたり、コンビニのATMでキャッシングできたり返済できるので、いろんな世代の人が利用しています。レディースローンなどをおこなう消費者金融(フタバ、ベルーナノーティス、エレガンス)も多いので、女性にも人気があります。
 
カードローンの申し込みをすると、審査がありますが、その中に在籍確認というものがあります。申し込み用紙に書かれた職場に本当に働いているか電話で確認するものですが、金融業者名を名乗ることはないので、周りの人にバレる心配はいりません。会社の代表の電話番号を書いても、本人に取り次いでくれないので、自分が働く職場につながる電話番号を書くことが大事です。間違った電話番号を書くと在籍確認ができなくなるので、電話番号は正確に書きましょう。
 
カードローンの申し込みは、審査をスムーズにおこなうために書類をしっかり揃えておくことが大事です。即日で借入をする場合は、書類が揃っていないと審査も後回しにされてしまいます。金融業者によっては自動契約機を用意しておく所もあります。自動契約機ならば、その日のうちにカードが発行されるので利用すると便利です。



スポンサーリンク

 

タグ : 

コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed