お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

自動車ローンの頭金を支払うメリットとデメリットを比較してみよう




スポンサーリンク

頭金を支払わないといけないのかどうか

自動車ローンで絶対に頭金を支払わないといけない規則、ルールはありません。先にお金を支払う事なく、ローンを組む事は可能です。
 
一方、先にお金(頭金)を支払わない事で審査で落とされる人もおられます。一般的に頭金を支払わないと審査で苦労するケースが多いです。先に前金を支払っておく事で、審査にスムーズなものとなりやすいです。
 
これはお金の貸し手側から考えるとわかりやすいです。前金を支払える人は、前金を支払う事で、蓄えがある事をローン会社に証明する事が出来ます。支払えない人は、証明出来ません。どちらに融資したほうが安全かと言えば、前払い出来る人でしょう。
 
前金を回収しておけば、急に貸し倒れが発生しても先に払った分のお金は回収出来ます。支払っていない人からは回収する事が出来ません。
 
このように考えると、先にお金を支払って審査を受けるほうが有利であると納得いただけるはずです。また、審査時は他社のローンも判断材料になります。自動車ローンと他社のローンを合算し、年収の4割から5割を超えていない場合、審査に通りやすいです。こちらは一応の目安として考慮しておいてください。申し込みの前に他社への借り入れ額を減らしておく事も大切という訳です。
 

頭金を支払う時のメリットとデメリット

自動車ローンで頭金を支払うメリットは、審査に通りやすくなる点です。多く前払いすればするほど、審査に通りやすくなり、将来利息を支払う必要がなくなる事もメリットと言えます。先にたくさんのお金を支払っておけば、返済期間を短縮出来ます。
 
返済期間が短くなれば、その分、将来的に支払う事になる利息を支払わずに済みます。前払い金が少ないと、それだけ利息を支払う事になります。効率的にお金を借りて返済したい場合、先にたくさんのお金を支払っておくべきでしょう。
 
デメリットは、直近の生活が厳しくなりやすい点です。一度に数十万から数百万の現金をローン会社へ支払う事になりますので、急な出費に対応しづらくなります。冠婚葬祭は急にやってきます。こういった時の事を考えると、蓄えの全てを前金として支払うのはナンセンスでしょう。
 
こういったデメリットを考えるなら、購入する車選びも大切になってきます。先に払う金額の平均金額は車の価格の20%から30%です。この範囲で購入できる車を検討するのも一つの手です。良い点と悪い点を天秤にかけてバランスを取って、金額を検討すると良いでしょう。無理のない範囲で支払う事が大切です。
 
 

頭金を支払わない時のメリットとデメリット

自動車ローンの頭金を支払わない時のメリットは、直近の経済的な負担が小さい点です。50万から300万の出費は小さくありません。
(⇒パートやアルバイト、派遣社員でも借入も可能な低金利の銀行マイカーローン
 
自動車は手に入れるとわかりますが、何かとお金がかかります。ガソリン代、自動車税や車検代も必要になります。駐車場も用意しなければいけません。自賠責保険、任意保険にも加入する必要があります。このように何かと諸経費がかかります。
 
グレードの高い車になるほどお金がかかる計算です。前金を支払わずに自動車ローンを組む事が出来れば、この辺りの諸経費を蓄えで賄う事が出来ます。デメリットについては、審査がかなり厳しくなる点です。一銭も前金を支払わずに大きなローンの審査に通過するためには、かなりの信用が必要になります。職業、勤務期間、年収などがしっかりしていないと審査で落とされます。
 
また、前金を支払っていない事から、返済期間が長期化する点も考えておくべきです。返済期間が延びる事とは、利息をたくさん支払う事と同義です。返済の負担が大きくなります。長期返済のリスクもあります。リストラや怪我、病気などのトラブルで返済が出来なくなるといったリスクを長期的に抱える事になります。



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム イロハ 借入審査 イロハ 自動車ローン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed