お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

公務員はキャッシングより地方職員共済組合貸付がおすすめ




スポンサーリンク

公務員とキャッシングの現状

公務員は懲罰の対象にならない限り解雇される心配がなく身分が保証されているため、金融属性としては非常に高いレベルにある職業となります。
 
融資審査では金融属性がポイントになってきますが、年収の高さと安定性によって審査に通りやすいですし、キャッシング特有の総量規制があっても高額な融資枠が獲得できる状況となります。しかし消費者金融は民間の職業でも利用できますし、金利が高いデメリットがありますので、公務員ならではの優位性を最大限に利用したほうがメリットが高くなります。
 
キャッシングよりも高額融資ができるものに地方職員共済組合貸付がありますが、共済組合貸付は国からの融資ですから低金利ですし、融資額が高いのが特徴です。キャッシングは借りやすいだけがメリットに感じますが、実際には公務員と言っても総量規制の対象ですから、年収の3分の1までしか借り入れできないのが基本です。
 
消費者金融は属性の高い人には確実に融資を行いますが、借りやすいことで多重債務になりやすいことも特徴です。計画的に借り入れしないと金利の高さで苦しみますので、地方職員共済組合貸付のほうがキャッシングよりも優れているといえます。
 
(参考)貸付事業の一覧-地方職員共済組合
http://www.chikyosai.or.jp/division/welfare/loan/01.html
 
 

地方職員共済組合貸付の特徴

消費者金融は年収の3分の1までしか借り入れできませんが、共済組合貸付は最大で200万円まで借り入れが可能です。給料の6倍までが限度となりますので、収入によって借入額が変わるのも特徴の一つと言えます。
 
民間企業では解雇による失業の心配が常にありますが、公務員は身分が保証されているため重大な問題を起こさない限りは安定した生活をおくることが可能です。最大200万円までと限度額には物足りなさを感じるかもしれませんが、賞与などにより楽に返済できる金額ですから安心感も高くなります。
 
地方職員共済組合貸付は低金利も魅力の一つですが、年率で2.66%と低いメリットがあります。借りやすい消費者金融ですが、金利は18%が上限ですし低くても4%を下回ることは少ないのが現状です。もっともほとんどの人が18%の金利で利用しているため、その差は大きな違いとなって総返済額に関わってきます。民間企業では共済組合貸付を使うことはできませんので、キャッシングが最も借りやすい融資となりますが、地方職員であればキャッシングやカードローンよりも魅力の高い融資が受けられるのです。
 
安易な借入れは危険ですから、上限を抑えている共済組合貸付は安心感も高くなります。
 
 

地方職員共済組合貸付の特徴

共済組合貸付は、最大で200万円までで給料の6倍まで、2.66%の低金利で利用できる特徴がありますが、カードローンやキャッシングのように使途に制限がないのも特徴となります。
 
使い道によって返済期間が設定されていますが、貸付の種類にあった用途であれば自由に利用できるのです。返済期間は貸付種類により異なりますが、中には無利息となっている貸付もあります。高額医療貸付や出産貸付が該当しますが、通常よりも低金利となる貸付もあります。
 
2.22%の低金利となるのが災害のための貸付となりますが、金額の上限があることに注意が必要です。公務員は金融属性が高いため借入れがしやすい状況にありますので、共済組合貸付からも借り入れしキャッシングやカードローンからも借り入れしてしまう場合があります。
 
無計画に借り入れしてしまうと公務員でも多重債務に苦しむ事態になりますので、計画的に借り入れするのが基本となります。共済組合貸付を使っていると、多重債務で債務整理をした際に共済組合に債務整理が知られてしまう可能性があります。債務整理の中でも任意整理は整理する借金を選べますが、任意整理をすれば以降は借金ができなくなります。



スポンサーリンク

 

イロハ お金を借りる コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed