お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

家族に内緒で借りた借金を返済できない場合は、両親や配偶者は借金返済の義務はある?




スポンサーリンク

家族に内緒で借金をするのは難しくない

他の家族に内緒で借金をするというケースは珍しくありません。たとえば、子供が親には言わずにクレジットカードやカードローンと契約してキャッシングをする、あるいは夫、あるいは妻が配偶者に内緒で借金をするといったケースが考えられます。
 
関連記事:
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート収入があれば簡単借入審査
>>配偶者貸付とは?専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるのは無理?
 
家族に内緒で借金をすることが可能なのは、審査の際に、同居している家族に連絡をしないといけないといった法律がないからです。たとえば、親と同居している子供であっても、既に成人に達していれば、クレジットカードもカードローンも自分の判断で契約することが可能です。
 
クレジットカードやカードローンは、保証人は不要で契約できるケースが多いです。あくまでも原則的に不要ということなので、場合によっては求められることもありますが、それは、審査の時に言われることなので、保証人をつけたくないときは、申込者の方から断ることも可能です。なので、カード発行基準に達していれば、家族を保証人にしなくても、借金をすることは可能なのです。
 
では、もしそうやって自分の判断で契約したカードを利用して借金をし、返済できないということになってしまった場合、債務者の親や配偶者だからということで代わりに返済しなくてはいけなくなるのでしょうか。
 
 

もし子供や配偶者がお金を返済できないという状況に陥ったら

結論から言うと、たとえ、自分の子供や妻が借金をして返済できない状態に陥ったとしても、親や夫が代わりに返済しないといけないという決まりはありません。
 
お金を貸した業者が、債務者の親や配偶者に対して、債務者の代わりにあなたが返済してくれませんかと言うことは禁止されています。業者によっては、遠回しにそういったことを匂わせてくることもありますが、自分が代わりに返すつもりはないと断ることが可能です。ただ、断れるのはあくまでも、保証人になっていない場合であり、もし、保証人になっていたとしたら、代わりにお金を返す義務が生じます。
(⇒通常、貸金業者は恫喝して返済を要求しませんが、闇金融の返済要求はリスクある
 
子供や配偶者が借金を返せず、自分も代わりに返すつもりはないという場合、なにか問題はあるでしょうか。まず考えられるのは、督促の電話が自宅にかかってくるということです。勿論、実際にお金を借りた人間を呼び出せばいいのですが、多重債務を返済できないという状況だと、一日にいろいろな業者から電話がかかってくるので、非常にわずらわしい状態になるでしょう。
 
返済できない状況が続いて、最終的に自己破産してしまった場合、破産者がいる家として自宅の住所が公開されてしまうことになります。
 
 

代わりに返す場合は借りた本人に任意整理させてから

破産者の氏名、住所は誰にでも見られる情報なので、その家族が破産したのは自分ではないと言ったとしても、ローンの申し込みで影響が出る可能性はあります。
 
では、自分が代わりに返すという選択をした場合は、どうすればいいのでしょうか。まず、そのことを貸金業者に正直に言って、利息や遅延損害金を含めたお金を一括で返すのは損です。一番いいのは、債務者本人に任意整理をさせることです。これはそれほど難しいことではありません。お金を借りた人間に対して、おまえが、おまえの名前で弁護士などに対して任意整理を頼めと言うだけです。
 
ほとんどの場合、貸金業者との和解は成立して、利息と遅延損害金がなくなり、利率がグレーゾーン金利だった場合は元金も引き直されて、最初の債務額も低い額を返せばいいということになります。その段階までいったら、代わりにお金を返せばいいのです。そうすれば、貸金業者の言い値で支払うときと比べて、相当な金額を払わずに済みます。
 
任意整理なので、自宅の住所が公に公開されてしまうこともありませんし、破産の場合と比べれば、元金の返済は行うので、同居している人間がローンを組むときの影響は抑えられます。



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム イロハ 返済    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed