お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

事業資金はビジネスローンではなくカードローンで借入できる?




スポンサーリンク

事業資金専用ローンを使おう

これから事業をする為に事業資金を借りたいなら、これはそれを使途としているビジネスローンを選ぶことが大事です。
 
・出光クレジット
・関西アーバン銀行
・アサックス
・八千代銀行
・ビジネクスト
・MRF(エム・アール・エフ)
・共栄ファイナンス
 
一般的にキャッシングやカードローンを使ってお金を借りることが多いですが、個人向けのこうしたサービスは使途を見ると、基本的に使徒は自由(フリーローン)と書かれていますが、事業のための借入はダメと記載されていることが多いです。
 
要するに事業のためにお金を借りたい時に使途を見て、事業資金でも可能となっているローンを利用しなければならないということです。少し使途について説明しておくと、例えば個人向けのキャッシングやカードローンで借りたいなら、それを使って目的のお金を借りて、借入したお金を使途で禁止されている事業のために利用したとしても、これは貸金業者にばれる可能性は低いと言えます。
 
キャッシングやカードローンから借入をした時にわざわざ目的を申告する必要はありませんし、お金を使ってから何に使ったのか聞かれることもありません。事業資金を借りたい時に個人向けのキャッシングやカードローンでも使えないことはありませんが、なるべく事業目的となっているローンを利用する方が良いです。金利や限度額にも違いがあります。
 
 

事業専用のローンは金利が重要

事業資金が使途となっているキャッシングやカードローン、あるいは各種ローンは様々な金融会社で見つける事が出来ますが、ポイントになることは金利なのでこれはしっかりと見ておきましょう。
 
まず、お金を借りる難易度という意味では、個人向けのキャッシングやカードローンを活用するのが一番簡単に借りることが出来ます。こうした個人向けのキャッシングやカードローンの金利は5%から18%という付近が多く、限度額は10万から1000万ほど、各社によってかなり差があります。
 
事業向けのビジネスローンも、これらの個人向けとほぼ同じような内容になっている会社もありますが、それを利用するなら個人向けで低金利のところを利用する方が遥かにお得なことがあるので覚えておきましょう。事業向けローンの選び方は大きなお金を借りたいと思うこともあることから、やはりしっかりと低金利で借入をすることが大事です。
 
個人向けのキャッシングやカードローンとあまり大差のない内容ならば、それは普通に申し込みから審査、そして金利や限度額を考慮しても、圧倒的に個人向けのキャッシングやカードローンで低金利の会社を探す方がお得になります。
 
 

限度額を大きく持つことも重要

事業資金を借りたい場合に人によってどのくらいの金額を借りたいのか、その金額には差があるわけですが、もしキャッシングやカードローンから何度でも借入返済を繰り返すことが出来るタイプのローンを選び、それを使って資金を確保したいのであれば、なるべく限度額は大きく持つようにしましょう。
 
しかも、基本的には上限の金利が低い設定になっている会社において大きな限度額を保持することがおすすめです。そうすると、かなり金利が下がります。小口の限度額だとどんな会社でも金利は18%から15%など、そこそこ高い金利が適用されてくるので、大きな限度額を持ってしっかりと低金利を使いたいところです。
 
100万だけで良いという場合でもあえて200万や300万の限度額を持つようにすると、100万の限度額で全額借入する場合に比べると必ず金利はお得になります。これはフリーローンの一つの使い方のテクニックでもあります。
 
また、国から借りるという選択も色々と調べておきたいものです。どのくらいの金額を借りるにしてもやはり低金利からお金を借りることはとても重要であり、金利が低いほど完済をしやすくなることは間違いありません。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ 事業資金    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed