お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

銀行カードローンと消費者金融の違いとは?総量規制の対象かどうか




スポンサーリンク

みずほ銀行や三井住友銀行などの銀行カードローンと消費者金融の最大の違いは、総量規制の対象となるかどうかにあると思います。
 
消費者金融は総量規制対象になります。従って総収入の3分の1を越える金額の融資は出来ないようになっております。
 
一方の銀行カードローンはこれに該当しない融資ですので大口融資が可能となります。もちろん、消費者金融でも大口の融資枠を持っていますが、それは収入の多い人でないと得られない融資枠でありますが、銀行カードローンの場合は総収入を超えていても融資が受けられる場合が多いのです。これは急な大口資金が必要になったときに助かりますね。
 
目的ローンなどの銀行のローンもこの総量規制の対象とはならないです。ここが消費者金融と銀行カードローンの違いといえましょう。
 
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行カードローンです。総量規制対象外ですので最大で500万円までの融資が受けられるわけです。あなたはまず所得証明と身分証明を用意してインターネットから申し込めばいいのです。
 
審査はバンクイックにお任せであなたは結果を待つのみ。最短30分で結果が出て、問題がなければあなたの指定した口座へと融資金が振り込まれるのです。消費者金融は小口の融資枠しか持たない会社が増えています。
 
それは総量規制にぶつからないように融資枠を設定しているからなのです。もし大口の融資をご希望なら、バンクイックのような銀行カードローンを選択するのがいいでしょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed