お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

他社借入件数や借金総額に問題がなければ、銀行カードローンの審査は怖くはありません




スポンサーリンク

他社借入総額を考えること

消費者金融でお金を借りており、それを返済後に銀行カードローンへ申込みをしても審査に通るのかどうかは他社借入総額を考えるようにしましょう。
 
基本的に消費者金融の借金はすべて返済しているなら、他の金融会社で借金がないのであれば、自分の返済能力は銀行カードローンへ申込みをしても低いと判断されることはほぼ無いので、安心して審査を受けてみると良いです。
 
ここで一つ考えたいことは、借金を他社で持っている状況は、確実に他社総額としてその借金を考慮する必要がありますが、借金を持っていなくても、例えば完済した消費者金融にまだ限度額がある場合、その限度額が銀行カードローンの審査で判断されるかどうか、ここが焦点でもあります。
 
一番確実なのは消費者金融に返済後、その会社の契約を解除することです。そうすると限度額を持つこともなく、銀行カードローンの審査では自分の収入だけでしっかりと返済能力を判断してもらうことが出来るので、あまり合否を気にすることなく申し込むことが出来ます。
 
限度額を持っているということはいつでも借入できるということでもあるので、やはり限度額があることは審査に少なからず影響が出ると考えておきたいものです。
 
 

収入証明なしで申込むという選択

消費者金融で持っていた限度額が100万~300万程度ならば、銀行カードローンへ申込む時に収入証明不要という選択から申し込みをすると、基本的には消費者金融の審査よりは簡単に合格できると推測出来ます。
 
まず、銀行カードローンをしっかりとチェックしましょう。色々な銀行において申込先を見つけることが出来ますが、収入証明不要可能となっている銀行においていくらの限度額までなら、収入証明不要で申し込むことが出来るのかは銀行によって違いがあります。

収入証明の可否

・じぶん銀行じぶんローン(300万円)
・三井住友銀行カードローン(300万円)
・三井住友カードゴールドローン(100万円)
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング(200万円)
・ノーローン(50万円)
・りそなクイックカードローン(100万円)
・アイフル(50万円)
楽天銀行スーパーローン(200万円)
アコム(50万円)
プロミス(50万円)
(限度額)
 
大抵は100万~300万の範囲で、それを他社総額として提供している銀行が多いです。要するに今現在借金や限度額を持っていない状況なら、その金額を希望する場合に収入証明を提出することなく銀行カードローンへ申し込みをすることが出来るので、これは審査に通りやすいと言えます。
 
消費者金融返済後ならば、別に何もデメリットなく身分証明だけで申し込みを完了することが出来ますし、審査では年収を考慮される可能性が低いです。
 
返済後に限度額を保持している場合はその限度額を一応他社総額として計算しておきましょう。必要であれば他社を解約してしまうと確実に身分証明のみでいけます。
 
 

イメージとは裏腹に審査が甘い

一般的に銀行カードローンは審査が厳しいと思っている人は多いですが、こうしたイメージとは裏腹に実際は銀行カードローンはそれほど懸念しなければならないほどに審査が厳しいわけではありません。
 
この理由はあまり深く考える必要もなく、単純に収入証明不要の融資が銀行のあらゆる会社で見つけることが出来ること、そして対象者を見ても正社員で高所得者オンリーというわけでもなく、アルバイトやパート、派遣社員、年金生活者、水商売など低所得者でも対象となっている銀行が多いことを考えると、これはどう考えても審査は厳しいとは言えません。
 
本当に審査が厳しい内容はそもそも申し込みをすることが出来る条件においても年収がいくら以上、あるいはしっかりと安定した収入を定期的に得ている正社員の人など、少し厳しい条件が設定されていることが多いです。
 
収入証明不要で申し込みをすることが出来る上にその対象者は幅が広く、こうして審査を受けても年収はそれほど問われることなく、合格できると低金利を使ってそこそこ大きな限度額を持つことも出来ますし、万人向けでありながらも融資内容は良心的なのでこれは評価に値するサービスと言えます。一度、審査を受けて合否を確認してみましょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ お金を借りる イロハ 借入審査    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed