お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる時、男女差で審査基準は違う?




スポンサーリンク

顧客拡大のビジネス方針がポイント

カードローン審査で男女の差によって審査に通りやすくなるかどうか、要するに男女という性別の差だけで審査に合格しやすくなるケースがあるのかどうかは少し疑問に感じるところです。
 
この疑問を考える際にまずカードローンを提供している金融会社はお金を貸すための顧客をしっかりと確保することが大事であり、顧客拡大の為にどのようなビジネス戦略を立てるのかがポイントとして考えられます。
 
例えば、男女の差によってお金を借りやすい傾向は当然ながらあるわけですが、そこまで考慮している金融会社の場合なら、少なからず男女の差によって合格しやすい性別は存在すると言えます。
 
しかし、仮にそれがあったとしても、それはずっとそのビジネス戦略が継続されるとは考えにくいものがあり、やはり一時的なビジネス戦略として今月は男女のどちらかを優先して審査を通すようにするなど、短期的に考えている会社はありそうなものです。
 
また、この疑問を考える上で外す事が出来ないのがレディースローンです。これは女性限定のカードローンです。この場合は申込者が女性だけなのでカードローン審査において性別の差は全く関係がなく、レディースローンはまさに女性の顧客を増やすビジネス戦略の代表です。
>>女性専用のレディースローンは、女性スタッフが担当をしてくれるため、初心者がお金を借りるにはいい
 
 

性別よりも優先すべき項目はたくさんある

カードローン審査は性別よりも優先しておきたい項目はたくさんあるはずです。
 
わざわざ、性別によってカードローン審査の通りやすさを決めるよりも、性別を問わずしてしっかりと返済率が高そうな顧客を獲得する方がトータルとして見た場合は金融会社にとって利益を得やすくなります。
 
この考え方からいきますと、基本的にカードローン審査では性別以外にも他に優先するべき項目がたくさんあることからも、通常のカードローンのカードローン審査はそうした内容を優先しながら審査結果を出すようにして顧客拡大に努めるようにする。
 
全体的には男性の顧客が多いことから、女性の顧客も少なからず確保しやすいようにレディースローンも提供する、これが今の金融会社の無難なビジネス方針と言えます。
 
レディースローンの効果がどのくらいあるのかは分かりませんが、昔に比べてレディースローンの誕生によってやはり女性の中でお金を借りる人の割合は増えていると推測出来ます。
 
また、こうして女性がお金を借りることが多くなると、女性の中にはレディースローン以外の普通のカードローンを利用することも多くなっていくことが簡単に想像できるので、やはりこのビジネスモデルは成功していると言えます。
>>主婦が旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさんある
 
 

カードローン審査で性別が影響するケースはかなり稀と考えられる

カードローン審査は返済能力から信用情報など様々なポイントをチェックされると言われますが、こうした重要なポイント以外にも勤続年数や住宅にどのくらい継続して住んでいるのか、あるいは固定電話があるかどうかなど、かなり細かいところまでチェックされると言われています。
 
こうした内容を考えると、性別を考慮されカードローン審査に影響がでることはかなり稀なケースと言えます。
 
上記で紹介したような審査ポイントをすべて判断していった上で、それでもまだ融資をするかどうか金融会社が迷った場合において、性別によって返済が危うくなる、逆に性別によって返済率に期待を持てる。
 
こうした考え方を金融会社が持つかどうかはかなり怪しいところですが、本当に判断材料がすべて出尽くしたところでようやく性別が考慮されるくらいの重要度だと言えます。
 
結論として、これはあまり考える事にも意味はなく、金融会社の立場から考えると男性や女性、性別によってどんな人に融資をするのがメリットになるのかはそもそも性別によって返済率等を判断することが出来ないことからも、重要度は非常に低いと言わざる終えないので、あまり気にすることなく申し込みをすると良いです。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ 主婦・専業主婦 イロハ 借入審査    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed