お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

キャッシングの連続申込は自分の信用を低下させるので3社も4社もの連続申込は危険




スポンサーリンク

キャッシングにおける申込みブラックとは

キャッシングの場では「ブラック」という言葉が使われることがありますが、これは利用申込をする側にとってはあまり良い意味を持ちません。この言葉はブラックリストの略であり、これに該当するというような場合だと融資を受けることが出来なくなってしまいます。
 
では「申込みブラック」という言葉が使われた時はどういった意味を持つのかと言うと、これは基本的に「申込みをしすぎてブラックリストに掲載された状態になっている」ということになります。
 
と言ってもそもそもブラックリストに掲載されたというのは金融事故を起こして融資不可能だと判断されるようになっているということですから、厳密に言えば「申込みをしすぎて一時的に信用が低下して融資不可能になっている」と言った方が正しいでしょう。
 
通常の審査基準と同様に申込みブラックの扱いについてキャッシング業界で厳格な定めがあるわけではありませんから、実際のところ事実上はあるというだけで、各社において厳格な定めがあるというわけでもありません。
 
ただ事実上はあるという以上は消費者にとって融資を不可能にする要素であることは間違いありませんから、キャッシングの申込みをする際には事前に確認をしておきたいところとなります。
 
 

申込みブラックになる条件とその期間

さて、それではキャッシングで実際に申込みブラックになる条件とその期間はどれくらいになっているのか、まずは条件から見ていきましょう。
 
この条件について最も重要になるのは申込みの件数です。キャッシング業者への申込みについては個人が業者に対して個人的に行うというようになっているのですが、金融機関ではこうした申込み情報を個人信用情報に書き加える形で情報更新をしていくことになります。
 
そのため申込み件数はおろか、誰が何月何日に申込みをしたかということまで把握できるのです。
 
そしてもし申込み件数が多い、短い間に何件も集中して申し込んでいるということになると、キャッシング業者は「お金に困っている人なのでは」と思うようになるのです。そのため直近の申込み件数が3件以上になっているという場合には、申し込んでも融資を断られる可能性が強くなってきます。
 
ではその期間はどれくらい続くのかと言うと、これは3~6ヶ月ほどが通常です。これくらいの間は個人信用情報に申込みの履歴が記載され続けてしまいますから融資不可能になる可能性が高い状態が続きます。そのため二社目に申し込んでもし通過しないようであれば、6ヶ月おいてから改めて申し込むのがベストと言うことになるでしょう。
 
 

審査において融資可能とされる基準

ここまででは申込みブラックのことについて見てきましたが、最後に補足的に、そもそもキャッシングの審査においてはどういったラインを融資可能なラインとしているのかを考えてみましょう。
 
これについては当然ながらそれぞれの業者によって異なるのですが、最も本質的なところを見れば「自社の利益を期待できる顧客かどうか」というところが問われているとして考えることができます。
 
そもそもキャッシングでの主な利益は利息収入、それぞれの契約者が返済時に支払う利息によって利益は出てきています。もし全ての顧客がしっかり利息を返してくれるのであれば、融資する相手を増やした方が得なのです。ですが現実的に、全ての顧客が間違いなく利息を返却してくれるということはありません。
 
そもそも融資を求めるということは手元のお金が不足しているということですから、どのような顧客に対してでも返済不可能になるリスクを評価する必要があるのです。
 
そのためキャッシングにおいては「借入希望額を全額借り入れても返済できるかどうか」や「今後収入が突然途絶える可能性は無いか」、「今後支出が突然増加する可能性は無いか」といったところをさまざまな情報から評価し、その全てに問題ないとされた時点で融資可能になると言えるのです。



スポンサーリンク

 

コラム イロハ 借入審査    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed