お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

1000万円の借金をおまとめする場合は銀行カードローンしかありません




スポンサーリンク

借金の総額が大きい場合

いくつかの会社で借入をしており、その合計の借金がそこそこ大きい場合はおまとめローンを利用する会社選びにおいて必ず限度額に注目するようにしましょう。
 
おまとめローンはいくつかの会社の中から好ましい会社を選んで申込むことが出来ますが、このサービスを利用するなら確実に自分が持っている借金は1つにまとめることが大事です。
 
今の借金件数が5件あるとして、おまとめローンを使っても2社でまとめることになるなど、1社に収めることが出来なければおまとめローンのメリットは半減してしまいます。そうならない為にも確実に見ておくべきなのが限度額です。
 
各社のおまとめローンの最大極度額を見ると、これは本当に会社によって金額設定に違いがあることが分かります。よく見かけるのは500万前後の限度額ですが、自分の借金のトータルがこのくらいの金額を軽く超えるほどに多重債務ならば、おすすめなのは1000万円まで限度額が設定されている会社を選んで借金を一本化するようにしましょう。

限度額1000万円のカードローン

・横浜銀行カードローン
・北洋銀行カードローン スーパーアルカ
・大阪信用金庫 ニューフリーローン
・仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」
・みずほ銀行カードローン
・住信SBIネット銀行 MR.(ミスター)フリーローン
・東京スター銀行おまとめローン
 
これは銀行からおまとめローンを探せばしっかりと見つけることが出来ますし、ここまで大きな借金はやはり一つにまとめるとそれだけメリットも大きくなります。
 
 

金利も魅力的になってくる

1000万円規模の借金を総額として持っている人は今の金利は相当に高いことが想像できます。
 
これは借入件数がどのくらいあるのかによっても変わってくるものですが、融資は1社で大きな限度額を持つほどそれだけ金利が低く採用されるので、総額の借金が大きくて借入件数も多いという人はそれを1社で借りることを想定するとかなり利息で損をしていることになります。
 
1000万円の借金をおまとめローンから1本化してまとめることが出来ると、これは銀行の情報を見る限りは最大の極度額にあたる銀行がいくつかあるので、そこで一本化に成功したらその銀行において一番低い利率が適用されると言えます。
 
大体、下限利率を見る限りは5%以下の利率を狙っていくことが出来るので、今の借金の借入先の利率が10%前後など、大きな利率が設定されているのであれば、借金をまとめたらかなり利息がお得になってきます。金額が大きいだけに一本化することが出来ると、金利もかなり魅力的になってくるので、しっかりと検討したいところです。
 
1000万円規模の借金を一つにまとめること自体簡単ではありませんが、どちらにしても借入件数を減らすなら一本化を目指しておきたいところです。
 

1000万円を徐々にまとめていく方法もある

一発で1000万円の借金を1社で一本化するのは信用も含めて本当に審査が厳しいことが想像できます。
 
しかも、借入件数がそこそこ多い場合、これは返済能力という意味においても信用を得にくいことがあります。やはり、信頼を得やすいのは1社でなるべく大きな限度額を持っていることです。
>>多重債務はアコムで解消する~他社借入件数の多い人はアコムで返済一本化
 
何故なら、通常は小口融資を何件も持つことよりも1社で大きな限度額を持つ方が高い返済能力が求められることから、同じ多重債務でも借入件数が少ない方がおまとめローンの審査では若干有利になる可能性があります。
 
そこで、一発で一本化することがやはり厳しい場合はまず今の半分の件数に減らすなど、徐々に借入件数を減らしていくという方法もあります。おまとめローンは基本的に金利と返済日、この2つにおいてメリットを見出すサービスです。
 
借金をまとめればその結果がどうなるにしても、今よりは金利が低くなるならメリットですし、借入件数を減らすことが出来るなら前よりも返済の管理は確実にしやすくなります。1000万円クラスの借金を複数で持っているのは借入件数が多ければ多いほど、かなり利息で損をしているのでしっかりとおまとめローンを活用しましょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ 借り換え・おまとめ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed