お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

退職やリストラなどで無職(無収入)になった場合、契約しているカードローンはどうなる?




スポンサーリンク

退職後でもカードローンは使える?

カードローンはお金を気軽に借り入れられる方法として存在しており、そのメリットは非常に大きいものであるとして考えることができます。
 
ただ利用に際しては審査が必要であり、その審査ではしっかりとした収入があること、信用情報に問題がないことなどが条件として求められるようになってきます。
 
そうしたことを考えると基本的に「働いていない」というような人は審査を通過することすらできないということになってしまうわけですが、ここで少々わかりづらいケースになるのが「退職後はどうなのか」ということです。
 
これについてはそれぞれの人の条件によっても多少、結果が変わってくるために判断が難しいのです。ですが原則的な話をすれば、カードローンの契約の中で「個人情報が変化した」という場合には必ず申告をしなくてはならないということになっています。
 
勤め先と言う情報は融資判断において非常に重要な個人情報ですから、当然ながら申告をしなくてはなりません。申告がされたのであればカードローン会社としても「勤め人ではなくなった人に対して融資を出来るのか」ということを考えるのですが、この場合は結果的に融資ができないとして契約解除され、借り入れは出来なくなるというようになる可能性が高いでしょう。
 
 

自己都合や会社都合で中途退職した場合

では原則的にはそうした形になっているということを踏まえた上で、まずは「中途退職をした」というケースを考えてみましょう。ここで考えるべき要素として出てくるのはまず収入が無くなったこと、加えて今後再就職があり得ることなどです。
>>転職したばかりの人はカードローンでお金を借りれる?無収入は論外
 
ではこのケースではどうなるのかと言うと、どのような場合でも絶対にそうなるというわけではありませんが「再審査が行われない限りは継続して使える可能性が高い」ということになります。
 
カードローンでは最初に申告されたデータが各金融機関の中に保管される顧客データになるわけですが、毎日大量の顧客を取り扱う大手カードローン会社では常に個人単位で情報をチェックするということはできません。そのため退職後であったというような場合でも、本人から申告があるか、契約更新などで再審査が行われたなどの状況にならないとデータ更新がされないのです。
 
データ更新がされない以上、事実としては退職後であってもカードローン会社内のデータでは「勤め人として収入がある」として処理されるわけですから、継続利用ができる可能性が高いということになります。
 
ただ先ほど述べたように契約者には申告義務がありますから、万が一途中でばれた場合には強制解約などがあり得るということは覚えておきましょう。
 
 

定年退職になった場合はどうか

先ほどは中途退職のケースですが、次はだれしもがあり得る定年退職のケースを考えてみましょう。この場合考えるべきことは年金などの収入が期待できること、再就職の可能性が低いことです。
 
ではこうした条件の場合はどうなるかというと、各金融機関にもよりますが、継続して利用できる可能性は低いと言わざるを得ません。これはどうしてかというと、まず再就職の可能性が低いということが問題です。
 
再就職して安定した収入を得られるようになる可能性が低い以上、金融機関としてもこれまでの基準で融資をすることができないのです。そして各社のデータベースにはそれぞれの契約者の年齢も記録されていますから、年齢を確認されただけで契約解除ということがあり得ます。
 
「年金の収入があるから使えるのでは」という声もあるのですが、確かに年金は総量規制下でも問題なく収入として扱えるものです。
 
しかし65歳以上の高齢者となると、それより若い人と比べて死亡リスクが高いという問題が出てきます。融資中に契約者が亡くなると債権回収に手間がかかりますから銀行系業者では65歳以下、貸金業者でも69歳以下などに上限年齢を定めるのが一般的です。
 
そのため定年退職後の継続して使えるかどうかはかなり難しいとして考えなくてはなりません。



スポンサーリンク

 

イロハ お金を借りる コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed