お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

アルバイトやパートで収入はあるがキャッシングの審査に通らない原因とは




スポンサーリンク

カードローンなどの申し込みの条件について

カードローンは審査を受けると利用可能額が決められる事になります。
 
利用可能額は返済能力に応じた金額になるのが特徴で、収入が多く在るほど利用可能額は大きくなります。また、利用可能額は上限の金額で有り、上限の金額までお金を借りる事が出来ます。そのため、カードローンを契約しておけば、利用可能額までお金を借りる事が出来ると言う事になります。
 
また、契約を交わすと専用のカードが発行されるケースや既存のキャッシュカードにローン枠が追加されることになりますが、これはATMやキャッシュディスペンサーなどを利用していつでも現金を引き出せると言うメリットも在ります。
 
毎月の給料も急な出費が重なってしまえばピンチになることもありますが、契約をしておけば必要な時にいつでもキャッシングが出来ます。
 
尚、申し込みをする時には年齢による制限や雇用形態による条件などが設けられていますが、アルバイトをしている人でも申し込みが出来る金融機関も有ります。
 
また、申込み条件の中でも重要視されることは安定した収入が在り、継続した収入が在ることです。アルバイトの人でも申し込みが出来る金融機関はアルバイト収入を安定した収入と言う形で捉えている事になります。
>>転職したばかりの人はカードローンでお金を借りれる?無収入は論外
 
 

アルバイト収入が在っても審査に落ちるケース

アルバイトをしている人も申し込みが可能な金融機関は多数在ります。但し、アルバイトの収入と言うのはそれほど多くはないので、予め利用限度額が低く設定されている事も在ります。
 
また、借金を持っている場合などでは借金の額に応じて審査に通らない事も在ります。借金を抱えている事で、アルバイト収入は比較的少ないため、支払いが他社に対して精一杯と言う事もあるので、借入がゼロの人と比べると審査に通り難くなるわけです。
>>他社借入件数や借金総額に問題がなければ、銀行カードローンの審査は怖くはありません
 
また、他社借入が在る場合、支払いがきちんと行われていないと断れてしまう事も在ります。これは個人信用情報の中に他社への支払いの良し悪しなどが記録されているからで、1日でも遅延をする事で個人信用情報には遅延の記録と言う形で残ることになります。
 
個人信用情報は申し込み後に必ず金融機関がチェックをしますので、返済の状況を確認することが容易に行うことが出来ると言う事です。
 
また、債務整理をしたことが在る人や延滞などをしたことが在る場合も融資を断れてしまう事になりますし、短期間での申し込みはお金に困っていると言う風にみられてしまい、他で申し込みをして断れていると言う事は何か問題が在るからだと言う判断が下されてしまうのです。
 
 

アルバイトの種類と給料について

学生がアルバイトをする場合、比較的に人気が高い業種は飲食店だと言われています。飲食店のアルバイトの魅力の一つに賄いと言う物があります。
 
賄いと言うのは、飲食店が従業員のために出す食事の事を意味しており、飲食店の中で利用している食材を使った料理を無料で食べることが出来るなどのメリットが有ります。
 
学生などの場合は、食費も節約したいと言う人が多いので、賄いを食べることが出来る飲食店のアルバイトに人気が集まるのです。しかし、飲食店と言っても多種多様ですし、個人経営のお店も有れば全国にチェーン展開をしているお店も有ります。
 
ファミリーレストランや居酒屋などのお店などの場合、深夜も営業している店舗も有り、深夜の時間帯は他の時間帯よりも時給が高くなるので短期間で多くのお金を貰いたいと考える人などに人気が有ります。
 
尚、飲食店での仕事と言うのは、接客が中心になります。
 
接客には注文を取る仕事、飲み物や料理を運ぶ仕事、お客さんが食べ終えたお皿がテーブルに在る場合は片付ける仕事も有りますし、レジ打ちやお客さんが帰った後のテーブルの片付けなどもあります。飲み物などはアルバイトが作ることも多く在るなど、飲食店では色々な仕事を経験する事が出来ます。



スポンサーリンク

 

イロハ 借入審査    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed