お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

キャッシングの返済を滞り金融事故を経験したことのある人は、住宅ローンの審査可決は難しい




スポンサーリンク

住宅ローンの審査について

家族ができたりと生活に変化が生じることで、新居を購入するかどうか考える時期がきます。住宅を購入する場合、一括で買うのではなく頭金を支払いローンを組むパターンが一般的です。
 
住宅のローンを申し込んだとき、審査はどのように行われるのでしょうか。
 
住宅ローンの手続きを行うと、通常業者側は、個人信用情報センターというところへ問い合わせを行います。申込者のクレジットの履歴や、借入の限度額などの情報について調べます。
 
自己破産などの手続きをしている場合には官報に掲載されますし、借金を返済できなかった事故などの履歴がある場合も調べること可能です。滞納をした過去があったりすると、ローンを組む際に不利になることがあります。
 
 

キャッシングと住宅ローンの関係について

キャッシングをしている場合に住宅ローンの手続きをしたい場合ですが、キャッシングした分をきちんと支払っているのであれば特に問題はありません。特に支払いが遅延していたり返済事故がなければ、信用に問題はないと判断されます。
>>遅延の後に来る債権回収会社には要注意~裁判沙汰や差押えになる?
 
気をつけなければいけない点としては、キャッシングカードをたくさん持っていると、審査を通過できな場合があるという点です。カード枠の合計が大きいと、住宅ローンのような大きな金額を扱う手続きはしづらくなってしまいます。
 
住宅ローンは、消費者金融等の一般的なローンを組むよりも書類が多かったりと、手間と経費がかかります。手続きを行いやすくするためにも、カードの解約等をしておくとよいでしょう。
 
 

住宅ローン審査のハードル

借入したものを返済したかどうかといった信用情報は、基本的に5年間記録されます。
 
ですから、過去に借金を返せず債務整理をしたといった事故情報が残っている場合、住宅ローンの審査は通過できないと考えたほうが無難でしょう。
 
お金を借りる側の信用情報が非常に大切になるので、クレジットの履歴に傷をつけないように注意が必要です。
 
また、一度住宅ローンが組めなかった履歴があると、他社で申込をする時に不利になってしまいます。そのほかの基準としては、勤続年数が2年以上であることや、安定した収入があることなどが重要となります。
 
派遣社員やアルバイトの場合でもローンを組むこと自体は可能な場合もありますが、正社員などと比べると金利等で不利な契約となってしまうので、その点も踏まえておきましょう。



スポンサーリンク

 

イロハ 住宅ローン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed