お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

未納の年金保険料がある場合、キャッシング等を借入をしてまで払う必要はある?




スポンサーリンク

年金保険料の納付猶予

年金保険料は毎月およそ15000円も支払わなければなりません。経済的に余裕の無い人にとっては大きな負担になります。
 
保険料を一部免除したり、全額免除できる制度もありますが、保険料の免除を受けると将来もらえる年金額が減ってしまうので、それでは困るという人もいます。
 
「学生納付特例制度」や「若年納付猶予」という制度もありますので、若い人なら最大10年間期限を延ばすことができます。30歳を過ぎると猶予を受けることができなくなり、未納の状態で2年過ぎた分は納めることができなくなります。
 
時効が過ぎて納めることができなくなると、完全に「ゼロ」という扱いになるので、これなら免除を受けたほうがまだマシだったという結果になってしまいます。
 
 

カードローンで借りる場合の優先順位

年金保険料をカードローンでお金を借りてまで支払おうとする人がいます。将来的に収入が増えて安定することがわかっている場合や、数ヵ月後にボーナスが出てまとめて返済できるという場合にはこの方法も良いでしょう。
 
年金保険料は2年の時効がありますから、時効が過ぎて完全に「ゼロ」になるよりは、お金を借りてでも支払ったほうがいい場合もあります。
 
しかし、「若年納付猶予」などの猶予期間がまだ残っている場合には、ちょっと待って考えたほうがいいです。猶予期間中は延滞手数料などもかかりませんので、あわてて納める必要はありません。
 
カードローンでは金利がかかるので、払わなくていい分までお金を借りてしまうと利息分の損をすることになります。
 
 

免除を受けたほうがいい場合も

猶予を受けていた保険料をまとめて借金で支払おうとすると、高額な利息がかかってしまい、大きな損をすることになります。
 
まずは時効が間近の保険料だけを支払ってしまい、猶予分については後回しにしたほうがいいでしょう。猶予期間中の保険料については、払わなくても未納扱いになりませんので、将来受け取る金額に差がでてきますが、借金をしてまで無理に支払う必要はありません。
 
将来の生活も大切ですが、今の生活も大切にしましょう。30歳を過ぎてからの保険料は、払えないと未納扱いになってしまうのでこちらは優先的に支払いましょう。
 
「未納」とならないことがとりあえず大切ですので、経済状況が苦しい場合には借金をしてまで支払うよりも免除を受けることをお勧めします。



スポンサーリンク

 

コラム    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed