お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

お金を借りる際の上限額~消費者金融も銀行キャッシングも年収の1/3が目安となる




スポンサーリンク

お金を借りる際の上限額

借金はその時々に必要な金額を借り入れることを目的として行われるものです。もし必要としていないのであれば借入をするべきではありませんし、金額によっては借り入れたお金を何に使うのかということも申告しなくてはなりません。
 
だからと言って「適切な申告さえすれば無制限にお金を借りられる」ということは無いのです。もし申告さえすれば無制限に借入が出来るというのであれば多くの人が債務過多の状態になってしまうでしょうし、債務過多の状態が続けば債務整理の多発によって貸金業者や銀行が大打撃を受けます。
>>複数の借金がある場合、おまとめローンと債務整理どちらがお得?
 
そのため融資を行う際には、消費者金融も銀行も信販も融資額の上限を定めることになるのです。
 
一般的なキャッシングやカードローンでは限度額として利用期間中の最大借入額を定める、銀行が行う住宅ローン融資などであれば最初に申告された以上の金額は融資しないといったような違いはありますが、無限に融資を受ける方法というのはまず存在しないわけです。
 
さて、その上限額を決める方法として最初に出てくるのは審査による判断なのですが、実は審査以外にも融資額の上限を定める要素はあります。このことについては必ず事前に把握しておきましょう。
 
 

消費者金融から借り入れする際の上限額

まずはキャッシングやカードローンなどで特に消費者に身近な存在となっている消費者金融の融資上限額について見てみましょう。
 
この場合でも当然基本となるのは審査によって定められた融資限度額ですが、しかし消費者金融は業種の分類上では貸金業に該当します。貸金業者はその営業の方法を貸金業法によって制限されますが、この貸金業法には総量規制が存在しているというところが重要なポイントになるのです。
 
この総量規制とは貸金業法が2010年に改正されたことによって生まれた規制であり、貸金業者が消費者に対して融資をする場合にはその消費者の年収の1/3を超えない範囲にとどめなくてはならないという内容になっています。
 
これが出来たことによってかつての日本で発生していた借り過ぎの問題はある程度が予防できるようになったのですが、例えば年収300万円の人は100万円までしか借り入れられないというようにもなりました。
 
対象外となる貸し付けも存在していますが、消費者金融が行う通常のキャッシングやカードローンはほとんどが対象になります。そのため総量規制を超えて借入をしたいというようであれば、銀行などから借り入れなくてはなりません。
 
 

銀行から借り入れする際の上限額

次いで消費者金融からの借入額が制限されたことによって人気を集めるようになってきた銀行からの借り入れについて見てみましょう。
 
この場合でまず借入の方法となるのが住宅ローン融資などの使途を限定したものです。使途を限定した融資は使い過ぎの心配がほとんど無いこと、また事前に返済プランを立てやすく、さらに総量規制の対象にもならないため銀行が許可を出せばかなりの金額を借り入れます。
 
とはいえ融資限度額は銀行が審査を行う中で決めるものですから、担当者と打ち合わせをして考えていくことが必要になるでしょう。
 
次いでカードローンなどの使途を定めない方法ですが、これも審査の中で上限額が定められることになります。消費者金融とは違い総量規制の影響を受けることが無いため年収の1/3が上限となるなどのことはありませんが、銀行は消費者金融よりも融資のリスクを減らしたがる傾向が強くあります。
 
そのため総量規制が無いと言っても上限額が高く設定されるわけではなく、むしろ信用が低いと判断されたのであれば消費者金融での上限額よりも低くなることもあり得るでしょう。
 
そのため銀行からお金を借りる際には事前に情報を収集しておかなくてはなりません。



スポンサーリンク

 

イロハ お金を借りる    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed