お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

専業主婦がお金を借りる~消費者金融でのキャッシングは?銀行カードローンは借りれる?




スポンサーリンク

専業主婦はお金を借りにくい

専業主婦は借金ができないと言われることが多いです。ここでいう専業主婦とは、収入のない主婦のことを指します。
 
夫が働いていて、奥さんは働かなくても良い場合には専業主婦になることもあるでしょう。あるいは自営業者で夫の仕事を手伝っていても、税制上は夫のみの収入にしているというケースもあります。パートやアルバイトで働いている人は専業主婦と呼びません。
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート主婦はお金を借りれる
 
また、不動産所得や利子所得など、何らかの所得がある人も、ここでは専業主婦とは呼ばないことにします。
 
全く収入のない人、あるいは収入があることを証明できない人のことを専業主婦と呼ぶことにしましょう。というのも、収入があるかどうかということが、お金を借りる上では非常に大事なことだからです。収入があるのなら、それを元にして返済していくことができるでしょう。
 
しかし収入がないのであれば、本人が返済をしていくのは無理でしょうから、金融機関は融資を行いたいとは思いません。返済されないだろうと思われる人に融資を行うのはリスクが高すぎるからです。このようなことから専業主婦は金融機関からお金を借りにくいようです。ただ、絶対に借りられないというわけではありません。
 
 

総量規制の理解と借りるコツ

専業主婦が借りられない理由は、法律によって総量規制が定められているからです。総量規制とは、借り入れのできる金額を年収の3分の1に制限するという法律です。
 
もしもそれを超えて融資を行った場合、金融機関は違法行為を行ったことになりますから、何かと不都合が生じます。法律に反した融資を行うべきではないというのは、これはどの企業にとっても同じことでしょう。専業主婦は年収が0ですから、その3分の1ももちろん0です。つまり、1円も融資できない事になるわけです。
 
ただ、注意しておきたいのは、これを定めている法律が貸金業法だという点です。つまり、貸金業法が適用される金融機関には総量規制があり、専業主婦は借りられないということを意味します。貸金業法が適用されない金融機関があれば専業主婦でも借りられる可能性があると言えるでしょう。
 
では、その金融機関とは何かというと、その一つの例が銀行です。銀行は貸金業法には縛られませんから、総量規制はないわけです。銀行というと審査が厳しいものだというイメージが強いかもしれませんが、専業主婦に関しては貸金業者よりも銀行のほうが借りやすいという傾向があるのです。
 
 

専業主婦が借りることのできるサービス

貸金業法には総量規制が定められていますから、消費者金融などの貸金業者から専業主婦が借りるのは難しいのですが、借りられないわけではありません。収入のある夫の同意書があれば借りられるケースもあります。
 
それを認めてくれるのかどうかというのは貸金業者によって異なりますから、法的には借りられるようになっていても、金融機関独自の判断で借りられないということもあります。どちらかというと、専業主婦には融資をしない貸金業者のほうが多いでしょう。
 
ですから、銀行から借りるという方が現実的です。銀行の中には、専業主婦向けのカードローンを提供しているものもあるくらいです。

専業主婦に人気ある大手カードローン

・じぶん銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ソニー銀行
・みずほ銀行
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・千葉銀行
・横浜銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
 
ただ、この場合には返済能力があるのかどうかの審査が夫に対して行われるという点に注意が必要です。夫の同意書が必要になるのが普通だと考えられますし、また場合によっては夫の収入を証明する書類の提出が求められることもあります。夫がブラックリストに載っているなど、夫自体が借りられないような状況であれば、借りられないと考えるのが妥当です。
 
ただ、普通に生活をしていけるくらいの収入があれば問題はありませんから、貸してくれる銀行を探してみましょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ 主婦・専業主婦    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed