お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産がある~自己破産はギャンブルの場合だと破産できない?




スポンサーリンク

債務整理で借金問題の解決を

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで借りたお金は、返済期日が到来すれば、返さなければなりません。返済しないままでいると、支払督促へと進み、最終的に強制執行による差押えが待ち構えています。
 
しかし、どうしても返すことができない場合には、どうすればよいのでしょうか。返済が不可能な場合は、債務整理によって減額または免除することができます。債務整理は、債務に苦しむ人を救済する法的制度で、任意整理民事再生自己破産の3種類があります。
 
おおまかな特徴として、任意整理や民事再生は借りたお金を減額して、将来分割して払っていく制度です。一方、自己破産は借りたお金がゼロになる制度です。
 
いずれの場合も弁護士や司法書士に依頼することで、債権者からの督促はストップします。
 
 

任意整理と民事再生の特徴について

任意整理と民事再生ではいずれも、借金を減額して、減額後の借金を原則3年で分割弁済していきます。将来、分割後弁済していかなければならないので、定期的な収入のある者が対象になります。
 
任意整理と民事再生の大きな違いは、以下の2点です。まず、借金の減額幅という点です。任意整理の減額は、利息制限法を超える違法な金利部分に限られますが、民事再生はそれだけに限らず、大幅な減額が可能です。
 
次に、裁判所の介入があるか否かという点です。任意整理は裁判所を介さない私的な債務整理手続きであるのに対し、民事再生は裁判所の介入を要します。
 
任意整理の方が、裁判所を介さない分、手続きが簡便ですが、あくまで私的な交渉手続なので、銀行や消費者金融が応じない場合には、任意整理によることはできません。
 
 

自己破産の特徴について

自己破産の特徴は、先にも触れた通り、借りたお金を帳消しにできる点です。しかし、誰でも帳消しにできるわけではありません。
 
裁判所の免責許可を得た者だけが対象になります。許可が得られないのは、資産を隠したり、ギャンブルや浪費による財産の減少の場合です。法が定めるこれらの不許可事由に該当せず、裁判所による許可が得られれば、晴れて借金ゼロとなります。
 
ただし、自己破産には次のようなデメリットもあります。まず、家や車、有価証券といった財産を失うことになります。また、自己破産後5年から7年はお金を借りることができなくなります。
>>一部の消費者金融では債務整理後の借入も可能~ヤミ金で借りる行為はダメ
 
いわゆるブラックリストに名前が載るので、金融機関の審査が通らなくなるのです。さらに、警備員や保険外交員のような仕事に就けなくなるので、当該企業に就いている人は注意が必要です。



スポンサーリンク

 

コラム イロハ 返済    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed