お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

配偶者貸付とは?専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるのは無理。




スポンサーリンク

妻が夫からお金を借りる場合

配偶者貸付というのは夫婦間において、一般的には妻が家事をして夫が仕事に出かけるわけですが、収入がない方がお金を借りることになった場合に自分に稼ぎがないことから融資を受けることが出来ないことがあり、その時に収入がある方が同意をすることで借入をすることが出来るというものです。
 
簡単にいうと専業主婦(専業主夫)がお金を借りる時は仕事をしていないので収入がありませんが配偶者貸付を利用すると夫の承諾があるなら借入をすることが出来るということです。
 
基本的に収入を持っていない専業主婦は融資を受けることがかなり難しくなります。キャッシングでもカードローンでも、しっかりと収入から返済能力を問われるので、やはり収入がなければ審査に合格することが難しくなるからです。
 
その点、この配偶者貸付を利用するといとも簡単にお金を借りることが出来るようになります。この場合のポイントは配偶者貸付の同意をする人が返済能力があるかどうかが重要となってきます。会社で正社員として働いており特別に大きな借金を持っているわけでもなく、さらには信用を失くしているわけでもないならあまり心配しなくても簡単に融資を受けることができます。
 
 

専業主婦の融資の選択肢は2つ

専業主婦が融資を受ける場合は自分名義で申し込みをするか、配偶者貸付から申し込みをするか2つの選択肢があります。前者はいわゆる普通の申込みなので、ポイントは自分の返済能力になってきます。
 
後者は夫が同意してくれるかどうか、そして夫の返済能力が問われます。どちらの方が専業主婦にとって好ましいお金の借り方なのか、これは夫婦間の関係性など、個人によって好ましい選択肢は変わってきます。
 
例えば、夫に内緒で融資を受けたいと考える場合は配偶者貸付から融資を受けることは出来ません。勝手に夫の収入証明書や同意書を提出することは違法だからです。
 
そうなると、夫に内緒で融資を受けるには自分一人で申し込みをしなければなりません。現状として専業主婦が自分一人で申し込むことが出来る金融会社はかなり少ないです。しかし、可能性がある会社は銀行に存在しており、銀行の中でも収入に関する書類を提出しなくても良い収入証明不要のキャッシングやカードローンならば、専業主婦が申込の対象者となっている銀行に限って、自分一人でも借入をすることが出来る可能性があります。この方法なら割と現実的に専業主婦でも融資を狙うことが出来ます。
 

専業主婦に融資も可能な銀行カードローン

・みずほMy Wing「わたし応援ローン」
・じぶん銀行カードローン
・静岡銀行カードローン【セレカ】
・スターカードローン【東京スター銀行】
・イオン銀行カードローンBIG
・横浜銀行カードローン
・第四銀行カードローン 解決SPEE-D
・みなと銀行カードローン Qポートネオ
・富山銀行カードローン スピード王MAX
・トマト銀行カードローン スピード王
 
 

配偶者貸付を利用するか夫名義にするか

配偶者貸付から専業主婦が融資を受ける場合にこれは基本的に夫が保証人になるわけではないので正しく覚えておきましょう。
 
キャッシングやカードローンは原則として無担保無保証であり、専業主婦が配偶者貸付から申し込む場合はそれは保証人とは違った内容です。どちらにしても専業主婦が申込をするときは配偶者貸付を利用する方がやはり融資は受けやすいわけですが、これを利用する際に一つの考え方として夫に夫名義でキャッシングやカードローンの申込みをしてもらうという選択もあります。これで申し込みをするほうが夫に問題点がない限りは限度額を大きく狙いやすくなりますし、そうなると金利も下げやすくなります。
 
また、根本的に審査も合格しやすくなってきます。こうして夫がキャッシングやカードローンを持ったら、そこから妻が借りたい金額を夫に借りてもらい現金を受け取るという方法もあります。
 
しかし、この方法はしっかりと夫婦間で信頼関係が出来上がっていなければ利用することが難しいので、まずは相談をしてみることが大事です。了承してもらうことが出来ると、この方法から借入する方が手間もかからず審査も合格しやすいのは間違いありません。



スポンサーリンク

 

タグ :

イロハ 借入審査    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed