お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

専業主婦がお金を借りる~消費者金融でのキャッシングは?銀行カードローンは借りれる?




スポンサーリンク

専業主婦はお金を借りにくい

専業主婦は借金ができないと言われることが多いです。ここでいう専業主婦とは、収入のない主婦のことを指します。
 
夫が働いていて、奥さんは働かなくても良い場合には専業主婦になることもあるでしょう。あるいは自営業者で夫の仕事を手伝っていても、税制上は夫のみの収入にしているというケースもあります。パートやアルバイトで働いている人は専業主婦と呼びません。
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート主婦はお金を借りれる
 
また、不動産所得や利子所得など、何らかの所得がある人も、ここでは専業主婦とは呼ばないことにします。
 
全く収入のない人、あるいは収入があることを証明できない人のことを専業主婦と呼ぶことにしましょう。というのも、収入があるかどうかということが、お金を借りる上では非常に大事なことだからです。収入があるのなら、それを元にして返済していくことができるでしょう。
 
しかし収入がないのであれば、本人が返済をしていくのは無理でしょうから、金融機関は融資を行いたいとは思いません。返済されないだろうと思われる人に融資を行うのはリスクが高すぎるからです。このようなことから専業主婦は金融機関からお金を借りにくいようです。ただ、絶対に借りられないというわけではありません。
 
 

総量規制の理解と借りるコツ

専業主婦が借りられない理由は、法律によって総量規制が定められているからです。総量規制とは、借り入れのできる金額を年収の3分の1に制限するという法律です。
 
もしもそれを超えて融資を行った場合、金融機関は違法行為を行ったことになりますから、何かと不都合が生じます。法律に反した融資を行うべきではないというのは、これはどの企業にとっても同じことでしょう。専業主婦は年収が0ですから、その3分の1ももちろん0です。つまり、1円も融資できない事になるわけです。
 
ただ、注意しておきたいのは、これを定めている法律が貸金業法だという点です。つまり、貸金業法が適用される金融機関には総量規制があり、専業主婦は借りられないということを意味します。貸金業法が適用されない金融機関があれば専業主婦でも借りられる可能性があると言えるでしょう。
 
では、その金融機関とは何かというと、その一つの例が銀行です。銀行は貸金業法には縛られませんから、総量規制はないわけです。銀行というと審査が厳しいものだというイメージが強いかもしれませんが、専業主婦に関しては貸金業者よりも銀行のほうが借りやすいという傾向があるのです。
 
 

専業主婦が借りることのできるサービス

貸金業法には総量規制が定められていますから、消費者金融などの貸金業者から専業主婦が借りるのは難しいのですが、借りられないわけではありません。収入のある夫の同意書があれば借りられるケースもあります。
 
それを認めてくれるのかどうかというのは貸金業者によって異なりますから、法的には借りられるようになっていても、金融機関独自の判断で借りられないということもあります。どちらかというと、専業主婦には融資をしない貸金業者のほうが多いでしょう。
 
ですから、銀行から借りるという方が現実的です。銀行の中には、専業主婦向けのカードローンを提供しているものもあるくらいです。

専業主婦に人気ある大手カードローン

・じぶん銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ソニー銀行
・みずほ銀行
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・千葉銀行
・横浜銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
 
ただ、この場合には返済能力があるのかどうかの審査が夫に対して行われるという点に注意が必要です。夫の同意書が必要になるのが普通だと考えられますし、また場合によっては夫の収入を証明する書類の提出が求められることもあります。夫がブラックリストに載っているなど、夫自体が借りられないような状況であれば、借りられないと考えるのが妥当です。
 
ただ、普通に生活をしていけるくらいの収入があれば問題はありませんから、貸してくれる銀行を探してみましょう。

 

タグ :

イロハ 主婦・専業主婦    コメント:0

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる時、男女差で審査基準は違う?




スポンサーリンク

顧客拡大のビジネス方針がポイント

カードローン審査で男女の差によって審査に通りやすくなるかどうか、要するに男女という性別の差だけで審査に合格しやすくなるケースがあるのかどうかは少し疑問に感じるところです。
 
この疑問を考える際にまずカードローンを提供している金融会社はお金を貸すための顧客をしっかりと確保することが大事であり、顧客拡大の為にどのようなビジネス戦略を立てるのかがポイントとして考えられます。
 
例えば、男女の差によってお金を借りやすい傾向は当然ながらあるわけですが、そこまで考慮している金融会社の場合なら、少なからず男女の差によって合格しやすい性別は存在すると言えます。
 
しかし、仮にそれがあったとしても、それはずっとそのビジネス戦略が継続されるとは考えにくいものがあり、やはり一時的なビジネス戦略として今月は男女のどちらかを優先して審査を通すようにするなど、短期的に考えている会社はありそうなものです。
 
また、この疑問を考える上で外す事が出来ないのがレディースローンです。これは女性限定のカードローンです。この場合は申込者が女性だけなのでカードローン審査において性別の差は全く関係がなく、レディースローンはまさに女性の顧客を増やすビジネス戦略の代表です。
>>女性専用のレディースローンは、女性スタッフが担当をしてくれるため、初心者がお金を借りるにはいい
 
 

性別よりも優先すべき項目はたくさんある

カードローン審査は性別よりも優先しておきたい項目はたくさんあるはずです。
 
わざわざ、性別によってカードローン審査の通りやすさを決めるよりも、性別を問わずしてしっかりと返済率が高そうな顧客を獲得する方がトータルとして見た場合は金融会社にとって利益を得やすくなります。
 
この考え方からいきますと、基本的にカードローン審査では性別以外にも他に優先するべき項目がたくさんあることからも、通常のカードローンのカードローン審査はそうした内容を優先しながら審査結果を出すようにして顧客拡大に努めるようにする。
 
全体的には男性の顧客が多いことから、女性の顧客も少なからず確保しやすいようにレディースローンも提供する、これが今の金融会社の無難なビジネス方針と言えます。
 
レディースローンの効果がどのくらいあるのかは分かりませんが、昔に比べてレディースローンの誕生によってやはり女性の中でお金を借りる人の割合は増えていると推測出来ます。
 
また、こうして女性がお金を借りることが多くなると、女性の中にはレディースローン以外の普通のカードローンを利用することも多くなっていくことが簡単に想像できるので、やはりこのビジネスモデルは成功していると言えます。
>>主婦が旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさんある
 
 

カードローン審査で性別が影響するケースはかなり稀と考えられる

カードローン審査は返済能力から信用情報など様々なポイントをチェックされると言われますが、こうした重要なポイント以外にも勤続年数や住宅にどのくらい継続して住んでいるのか、あるいは固定電話があるかどうかなど、かなり細かいところまでチェックされると言われています。
 
こうした内容を考えると、性別を考慮されカードローン審査に影響がでることはかなり稀なケースと言えます。
 
上記で紹介したような審査ポイントをすべて判断していった上で、それでもまだ融資をするかどうか金融会社が迷った場合において、性別によって返済が危うくなる、逆に性別によって返済率に期待を持てる。
 
こうした考え方を金融会社が持つかどうかはかなり怪しいところですが、本当に判断材料がすべて出尽くしたところでようやく性別が考慮されるくらいの重要度だと言えます。
 
結論として、これはあまり考える事にも意味はなく、金融会社の立場から考えると男性や女性、性別によってどんな人に融資をするのがメリットになるのかはそもそも性別によって返済率等を判断することが出来ないことからも、重要度は非常に低いと言わざる終えないので、あまり気にすることなく申し込みをすると良いです。

 

タグ :

イロハ 主婦・専業主婦 イロハ 借入審査    コメント:0

女性専用のレディースローンは、女性スタッフが担当をしてくれるため、初心者がお金を借りるにはいい




スポンサーリンク

一番わかりやすいのは申込対象者

レディースローンを見ると一体普通のカードローンとの違いは何なのか分からない人は多いと思いますが、この違いを明確にするために一番わかりやすい方法は申込対象者を見ることです。
 
レディースローンの申込対象者を見ると、それは女性専用となっています。普通、カードローンは申込条件で性別の記述はありません。男性でも女性でも申し込めるサービスであり、申込条件は年齢など他の項目が書かれています。
(⇒旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさんある
 
しかし、このレディースローンの申込条件は女性専用となっており、その名の通り男性は申込をすることが出来ません。どうしてそうなっているのか、これは心理的な話をする必要があります。従来からカードローンは存在しますが、利用者の多くは男性で女性は金融会社に抵抗を持っている人が多く、それが理由で誕生したのがレディースローンとなっています。
 
このレディースローンは普通のカードローンと違い、対応してくれる担当者がすべて女性になっています。お金を借りたい時に電話で相談をすることは多いですが、そうした時にしっかりと女性が対応してくれることから、やはり異性である男性に接客されるよりは安心して相談をしやすいという特徴があります。
 
 

メリットは特にないと言える

カードローンを使ってお金を借りる時に心理的な要素をどれだけ重要視するのか、これによってレディースローンのメリットはかなり個人差があると言えます。
 
要するに対応してくれるスタッフが女性であろうが男性であろうが、お金を借りることに慣れている人からすればそんなところを見るよりも借入は金利だと豪語する人も多いと思います。
 
しかし、やはり金融会社は何だか不安という女性にとってはまず心理的な状況を改善しなければやはり安心してお金を借りることが出来ないことから、少なからずレディースローンは重要な役割があると言えます。
 
結論としてはトータル的に考えた場合にそもそも借金をするというのはそれほど悠長なことを言ってられないこともあり、借りたお金はしっかりと返済しなければなりませんし、その部分を重視すると何よりも金利から申込先を選ぶことはやはり正しいです。
 
レディースローンは対応してくれるスタッフが女性という点以外にメリットはありません。金利や返済などについては普通のカードローンと同じなので、女性だけが優遇されてお金を借りれるサービスではないことをしっかりと理解しておき、内容を見てお金を借りることが大事です。
 
 

女性専用でも金利はチェックしよう

レディースローンを利用する場合でも、女性専用という言葉だけで何かお得な内容になっていると思うのは間違った認識であり、しっかりと内容に注目をしてお金を借りやすい内容かどうか、返済をしやすいかどうかを判断していくことが大事です。
 
融資内容について見ておくべきポイントはいくつかあるものの、重要度が高いのは金利なので、これはしっかりと比較しておきましょう。

金利比較

・レディースレイク(4.5~18.0%)
・プロミスレディース(4.5~17.8%
・女性のためのノーローン(4.9~18.0%)
・ベルーナノーティス(15~18%)
・エレガンス(10.00~20.00%)
 
女性専用の融資商品は他社でも見つけることが出来るので、同じカテゴリーとしてしっかりと金利比較をやってからレディースローンの申込先を決めるようにしましょう。この金利比較はそれほど難しい作業ではありません。やり方はとても単純であり、インターネットからいくつかの会社の情報を見ながらどのくらいの金利が設定されているのかを調べていけば良いだけです。
 
これを店頭を見て回るとなれば大変ですが、インターネットを使って作業をする場合は本当に簡単に金利比較を進めることが出来るので、まずはこの作業をしっかりとやっておきましょう。金利は数字が低くなっているほど、お得にお金を借りることが出来るので、なるべく金利が低い設定のところを選びましょう。

 

タグ :

イロハ お金を借りる イロハ 主婦・専業主婦    コメント:0

旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート収入があれば簡単借入審査




スポンサーリンク

主婦のキャッシングはバイトやパートで収入があることが条件

主婦という立場は何かと様々な出費に見舞われるものです。旦那の給料をもとにしてなんとか家計もやりくりしてはいるものの、それでも子供の習い事の費用が必要になったり、急な冠婚葬祭で包むお金を捻出しなければならなくなったり、夫の仕事付き合いのための交遊費も必要なので、家計は常に火の車です。
 
そんな中で私のコスメ用品や美容室の費用、それにファッションアイテムの購入費などをおねだりするわけにはいかず、自分自身のお小遣いや貯蓄の中から捻出しなければならないわけです。
 
正直言って、消費者金融のキャッシングはこのような時に最適のサービスでした。何よりも既婚者が旦那に内緒でキャッシングできるのが嬉しいところ。でも主婦が旦那に内緒でキャッシングをするには幾つかの気をつけなければならない点もあります。まずは総量規制の問題上、既婚者とはいえ全くの無収入ではキャッシング契約することはできず、パートやバイトなどで働く主婦であることが求められます。さらにそのキャッシング金額は年収の3分の1が上限の目安となることも忘れてはなりません。

専業主婦でも借入可能なカードローン

オリックス銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク
楽天銀行スーパーローン
・宮崎銀行カードローン パートナーカード「おまかせくん」
・東京スター銀行スターカードローン
※補足
 
この点、普段からパートで働く私はその基準をクリアでき、なおかつ給与明細書などを申請時に提示することでしっかりとその信用性を高めることが出来ました。
 

借入条件をウェブ確認できるようにし郵送案内を止めることが重要

キャッシング契約は基本的に保証人を立てたり、担保を取ることはありません。そのため申請者の自己責任のもとで簡単に契約および借り入れできるのが大きなポイント。
 
ただし旦那に内緒で借り入れするにはまず申請時に書き込む連絡先を自分の自宅番号ではなく、携帯電話の番号などに設定しておくことが必要です。そうやって既婚者が旦那に内緒で借り入れするには自宅に電話がかからないように配慮することが欠かせないでしょう。
 
さらにもう一点、私が大事だなと感じたのが利用明細書の発行や送付です。キャッシングを利用するとその詳細な金利や金額などを記載した用紙が郵送されてくることがあります。こういったものを旦那が手にするといっぺんにバレてしまうもの。
 
そんな自体を避ける意味でも、郵送物は出来るだけ控えてもらい、逆にネットの公式サイトにおけるウェブ確認を利用することが望ましいでしょう。ここで金利や借り入れ額、その他の借り入れ条件などを逐一確認する設定を行うだけで郵送物をストップさせて既婚者が旦那に内緒で借り入れを続けることが可能となるわけです。
 
私もこの点を重視して業者選びを行ったので、問題なく条件にピッタリのサービスを見つけて契約を行うことが出来ました。借り入れをはじめて5ヶ月になりますが、旦那にはバレずに順調に借り入れと返済が続けられています
 
(体験談)

 

タグ : 

イロハ 主婦・専業主婦 体験談    コメント:0