お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

住宅ローンは固定金利と変動金利のどっちがいいの?~数千万円の借金はデカイぞ




スポンサーリンク

変動金利が勧められる場合が多い

住宅ローンは数千万円というお金を最大35年もの長期間返済していくものなので、金利がわずか1%違うだけでも、数百万円の差が生まれます。
 
しかし、消費者が数百万円得をするということは、銀行側は逆に儲けが得られないということですから、利害は一致せず、銀行側の意見を鵜呑みにするのもよくありません。
 
固定金利にすると、将来金利が大きく上がったときに銀行側は損をしますので、確実に利益を得られる変動金利を銀行側は勧めてくることが多いです。
 
「まだまだ景気は回復しませんので、低い状態が続きますよ」などと言われても、あまり鵜呑みにしないほうがよいでしょう。 セールスがしやすいという理由もある
 

住宅ローンの契約を取る

工務店にとっては、変動金利のほうがセールスがしやすいという理由もあります。返済シミュレーションをしたときに、見た目の金額が低くなるからです。
 
実際には、景気動向によって返済額が大きく上がる可能性もあるわけですが、将来に利用者が返済に苦しむことになるといったことは工務店にとってはあまり関係ありません。
 
契約が決まればその時点でお金を受け取ることができ、それ以後の借金の回収などには関わることがないので、工務店の言うことは結構いいかげんだったりします。工務店の都合の良いセールスは、なおさら鵜呑みにしてはいけません。
 
 

どちらがお得なのかはだれにもわからない

結局のところ、どちらのタイプで借りるほうがお得なのかは、結果が出てみないとだれにもわからないことです。なので、自分でよく考えて決めることが大切です。
 
例えば、収入に余裕があって積極的に繰り上げ返済をしていけるという人は、変動金利を選んだほうが、元本をガンガン減らしていけます。
 
逆に、収入に余裕が無いという人は、住宅ローンが払えなくなってマイホームを失うということにならないために、リスクの低いほうを選んだほうが良いでしょう。
 
5年固定、10年固定といった中間的な金利タイプもありますが、金利の優遇率が下がってしまうのであまりおすすめできません。
>>キャッシングの返済を滞り金融事故を経験したことのある人は、住宅ローンの審査可決は難しい

 

イロハ 住宅ローン    コメント:0

キャッシングの返済を滞り金融事故を経験したことのある人は、住宅ローンの審査可決は難しい




スポンサーリンク

住宅ローンの審査について

家族ができたりと生活に変化が生じることで、新居を購入するかどうか考える時期がきます。住宅を購入する場合、一括で買うのではなく頭金を支払いローンを組むパターンが一般的です。
 
住宅のローンを申し込んだとき、審査はどのように行われるのでしょうか。
 
住宅ローンの手続きを行うと、通常業者側は、個人信用情報センターというところへ問い合わせを行います。申込者のクレジットの履歴や、借入の限度額などの情報について調べます。
 
自己破産などの手続きをしている場合には官報に掲載されますし、借金を返済できなかった事故などの履歴がある場合も調べること可能です。滞納をした過去があったりすると、ローンを組む際に不利になることがあります。
 
 

キャッシングと住宅ローンの関係について

キャッシングをしている場合に住宅ローンの手続きをしたい場合ですが、キャッシングした分をきちんと支払っているのであれば特に問題はありません。特に支払いが遅延していたり返済事故がなければ、信用に問題はないと判断されます。
>>遅延の後に来る債権回収会社には要注意~裁判沙汰や差押えになる?
 
気をつけなければいけない点としては、キャッシングカードをたくさん持っていると、審査を通過できな場合があるという点です。カード枠の合計が大きいと、住宅ローンのような大きな金額を扱う手続きはしづらくなってしまいます。
 
住宅ローンは、消費者金融等の一般的なローンを組むよりも書類が多かったりと、手間と経費がかかります。手続きを行いやすくするためにも、カードの解約等をしておくとよいでしょう。
 
 

住宅ローン審査のハードル

借入したものを返済したかどうかといった信用情報は、基本的に5年間記録されます。
 
ですから、過去に借金を返せず債務整理をしたといった事故情報が残っている場合、住宅ローンの審査は通過できないと考えたほうが無難でしょう。
 
お金を借りる側の信用情報が非常に大切になるので、クレジットの履歴に傷をつけないように注意が必要です。
 
また、一度住宅ローンが組めなかった履歴があると、他社で申込をする時に不利になってしまいます。そのほかの基準としては、勤続年数が2年以上であることや、安定した収入があることなどが重要となります。
 
派遣社員やアルバイトの場合でもローンを組むこと自体は可能な場合もありますが、正社員などと比べると金利等で不利な契約となってしまうので、その点も踏まえておきましょう。

 

イロハ 住宅ローン    コメント:0