お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

パート主婦のお金の問題~年収103万年の壁と年収130万円の壁とは?




スポンサーリンク

パート主婦が年収130万円に抑える理由

主婦がパートで働くときに気にかけなければならない問題として、「年収103万円の壁」、「年収130万円の壁」の問題があります。
 
「年収103万円の壁」とは、「所得税の支払い義務が生じる」、「夫が配偶者控除を受けられない」という問題です。一方で、「年収130万円の壁」とは、「社会保険料の支払い義務が生じる」という問題です。それぞれ詳しく見ていきます。
 
まず、「所得税の支払い義務が生じる」についてですが、給与所得者の場合、給与所得控除65万円と、所得税の基礎控除38万円、あわせて103万円の控除が受けられます。この金額を超えると所得税がかかってくるわけですが、例えば年収110万円だったとしたら、その金額は3500円ですので、あまり気にするほどの金額ではありませんね。
 
 

配偶者控除とはなにか?

配偶者控除とは、主に会社員の妻の年収が103万円以下もしくは無職である場合に、夫が受けられる控除のことです。
 
ただしくは、妻の「合計所得金額が38万円以下」の場合に適用されるのですが、パートの場合には給与所得控除65万円が受けられるので、「年収103万円以下」というのが一般的に言われています。給与所得以外の収入がある場合には変わってくるので注意が必要です。
 
ただし、年収103万円~141万円の場合には、配偶者特別控除が受けられます。配偶者特別控除の額は妻の年収に応じて段階的に下がっていきます。年収103万円~105万円では38万円、そこから段階的に下がっていき、年収140万円~141万円では控除額が3万円になります。
 
結論として、あまり気にする問題ではないです。
 
 

年収130万円の壁が最も大きい?

「年収103万円の壁」は、それほど気にするようなものではないことがわかりました。ところが、年収130万円を超えると、所得税、配偶者控除の問題に加えて、社会保険の問題が生じてきます。
 
一般に、サラリーマンの妻は、第3号被保険者となっていて、社会保険料の支払い義務はありません。しかし、年収の130万円を超えると第1号被保険者となるので、国民年金保険料と、国民健康保険料を支払わなければならなくなります。
 
国民年金は月額15000円弱、国民健康保険料は地域や年収、年齢によって異なりますが、年収131万円なら月額7万円~8万円程度です。国民年金を払うために借金でお金を借りる人もいるくらいなので、負担は大きいです。
 
結論として、年収の130万円の壁が最も大きいかもしれません。

 

コラム イロハ 税金    コメント:0