お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

自動車ローンの頭金を支払うメリットとデメリットを比較してみよう




スポンサーリンク

頭金を支払わないといけないのかどうか

自動車ローンで絶対に頭金を支払わないといけない規則、ルールはありません。先にお金を支払う事なく、ローンを組む事は可能です。
 
一方、先にお金(頭金)を支払わない事で審査で落とされる人もおられます。一般的に頭金を支払わないと審査で苦労するケースが多いです。先に前金を支払っておく事で、審査にスムーズなものとなりやすいです。
 
これはお金の貸し手側から考えるとわかりやすいです。前金を支払える人は、前金を支払う事で、蓄えがある事をローン会社に証明する事が出来ます。支払えない人は、証明出来ません。どちらに融資したほうが安全かと言えば、前払い出来る人でしょう。
 
前金を回収しておけば、急に貸し倒れが発生しても先に払った分のお金は回収出来ます。支払っていない人からは回収する事が出来ません。
 
このように考えると、先にお金を支払って審査を受けるほうが有利であると納得いただけるはずです。また、審査時は他社のローンも判断材料になります。自動車ローンと他社のローンを合算し、年収の4割から5割を超えていない場合、審査に通りやすいです。こちらは一応の目安として考慮しておいてください。申し込みの前に他社への借り入れ額を減らしておく事も大切という訳です。
 

頭金を支払う時のメリットとデメリット

自動車ローンで頭金を支払うメリットは、審査に通りやすくなる点です。多く前払いすればするほど、審査に通りやすくなり、将来利息を支払う必要がなくなる事もメリットと言えます。先にたくさんのお金を支払っておけば、返済期間を短縮出来ます。
 
返済期間が短くなれば、その分、将来的に支払う事になる利息を支払わずに済みます。前払い金が少ないと、それだけ利息を支払う事になります。効率的にお金を借りて返済したい場合、先にたくさんのお金を支払っておくべきでしょう。
 
デメリットは、直近の生活が厳しくなりやすい点です。一度に数十万から数百万の現金をローン会社へ支払う事になりますので、急な出費に対応しづらくなります。冠婚葬祭は急にやってきます。こういった時の事を考えると、蓄えの全てを前金として支払うのはナンセンスでしょう。
 
こういったデメリットを考えるなら、購入する車選びも大切になってきます。先に払う金額の平均金額は車の価格の20%から30%です。この範囲で購入できる車を検討するのも一つの手です。良い点と悪い点を天秤にかけてバランスを取って、金額を検討すると良いでしょう。無理のない範囲で支払う事が大切です。
 
 

頭金を支払わない時のメリットとデメリット

自動車ローンの頭金を支払わない時のメリットは、直近の経済的な負担が小さい点です。50万から300万の出費は小さくありません。
(⇒パートやアルバイト、派遣社員でも借入も可能な低金利の銀行マイカーローン
 
自動車は手に入れるとわかりますが、何かとお金がかかります。ガソリン代、自動車税や車検代も必要になります。駐車場も用意しなければいけません。自賠責保険、任意保険にも加入する必要があります。このように何かと諸経費がかかります。
 
グレードの高い車になるほどお金がかかる計算です。前金を支払わずに自動車ローンを組む事が出来れば、この辺りの諸経費を蓄えで賄う事が出来ます。デメリットについては、審査がかなり厳しくなる点です。一銭も前金を支払わずに大きなローンの審査に通過するためには、かなりの信用が必要になります。職業、勤務期間、年収などがしっかりしていないと審査で落とされます。
 
また、前金を支払っていない事から、返済期間が長期化する点も考えておくべきです。返済期間が延びる事とは、利息をたくさん支払う事と同義です。返済の負担が大きくなります。長期返済のリスクもあります。リストラや怪我、病気などのトラブルで返済が出来なくなるといったリスクを長期的に抱える事になります。

 

タグ :

コラム イロハ 借入審査 イロハ 自動車ローン    コメント:0

パートやアルバイト、派遣社員でも借入も可能な低金利の銀行マイカーローン




スポンサーリンク

銀行のマイカーローンを利用

今までに乗っていた車の老朽化が進んで新しく車を購入したいと家族で話をしていました。ある程度の年収はあるものの、住宅ローンも返済しているし、子どもの教育費もかかるようになってきたので、一括で支払いすることも厳しく、手元にお金を残しておきたいこともあって、金融機関に一部を借入れすることにしました。
 
ディーラーや農協、銀行などの金融機関でマイカーローンの扱いがあるのですが、中でも給与振込みの口座のある銀行に相談することにしました。普段から取引のある銀行であれば、安心して借入れができると思ったのです。
 

銀行マイカーローン

・ちばぎんマイカーローン(千葉銀行)
・しずぎんマイカーローン(静岡銀行)
・愛車ライフ ネクスト(八千代銀行)
・ミスター自動車ローン(住信SBIネット銀行)
・関西アーバン銀行
・横浜銀行マイカーローン
・JAバンク
・西日本シティ銀行 EZマイカーローン
・伊予銀行
・114マイカーローン(百十四銀行)
 
頭金を100万円出し、あとの150万円を借入れで対応したいと思っていたのです。年利も気になるところだったのですが、金利が高いと思われる銀行でもわりと低い金利で借りることができるようになったのです。
 
通常、マイカーローンの年利は年3.90%の設定だったのですが、銀行との取引内容にで1%下げてもらうことができ、さらには、給与振込の指定口座であるので0.5%、住宅ローンを借りている関係で0.5%、そして環境車を購入するということで0.5%の全部で1.75%を下げてもらうことができたのです。年利2.15%というのは、ディーラーなどよりも安い金利になったのです。
 
 

マイカーローンの申し込みや融資、そして返済計画

お金を借りる限りは、返済をしていく義務が生じます。年利2.15%ではありますが、借入れ額は150万円であり、長く返済を続ければ、金利の負担も重くなります。こちらの銀行では8年以内に返済をするということになっているのですが、それよりも早めに返済すると言う計画を立てて、5年返済にすることにしました。
 
マイカーローンの申し込みは意外に簡単であり、普段の口座の取引印鑑と運転免許証、そして資金使途確認書類だけでした。スピード審査でしたので、翌日には審査の結果がわかって融資をしてもらうことができ、欲しいと思っていた車を手に入れることができたのです。また、金利に保証料が含まれているので、保証人は不要でした。
 
このように、普段使っている銀行のマイカーローンにして、本当によかったと思います。おかげで好きな車に新車で購入することができるようになったのです。
 
マイカーローンは、条件によっては年利を低くしてもらうことができる場合があります。ディーラーやほかの金融機関などでの借入れよりも返済額が抑えられたりするので、いろいろな場合で比較をしてみるといいでしょう。それぞれの条件も異なるので、注意しながら検討すれば、このようにうまく借りることができるのです。
 
(体験談)

 

体験談 イロハ 自動車ローン    コメント:0