お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産がある~自己破産はギャンブルの場合だと破産できない?




スポンサーリンク

債務整理で借金問題の解決を

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで借りたお金は、返済期日が到来すれば、返さなければなりません。返済しないままでいると、支払督促へと進み、最終的に強制執行による差押えが待ち構えています。
 
しかし、どうしても返すことができない場合には、どうすればよいのでしょうか。返済が不可能な場合は、債務整理によって減額または免除することができます。債務整理は、債務に苦しむ人を救済する法的制度で、任意整理民事再生自己破産の3種類があります。
 
おおまかな特徴として、任意整理や民事再生は借りたお金を減額して、将来分割して払っていく制度です。一方、自己破産は借りたお金がゼロになる制度です。
 
いずれの場合も弁護士や司法書士に依頼することで、債権者からの督促はストップします。
 
 

任意整理と民事再生の特徴について

任意整理と民事再生ではいずれも、借金を減額して、減額後の借金を原則3年で分割弁済していきます。将来、分割後弁済していかなければならないので、定期的な収入のある者が対象になります。
 
任意整理と民事再生の大きな違いは、以下の2点です。まず、借金の減額幅という点です。任意整理の減額は、利息制限法を超える違法な金利部分に限られますが、民事再生はそれだけに限らず、大幅な減額が可能です。
 
次に、裁判所の介入があるか否かという点です。任意整理は裁判所を介さない私的な債務整理手続きであるのに対し、民事再生は裁判所の介入を要します。
 
任意整理の方が、裁判所を介さない分、手続きが簡便ですが、あくまで私的な交渉手続なので、銀行や消費者金融が応じない場合には、任意整理によることはできません。
 
 

自己破産の特徴について

自己破産の特徴は、先にも触れた通り、借りたお金を帳消しにできる点です。しかし、誰でも帳消しにできるわけではありません。
 
裁判所の免責許可を得た者だけが対象になります。許可が得られないのは、資産を隠したり、ギャンブルや浪費による財産の減少の場合です。法が定めるこれらの不許可事由に該当せず、裁判所による許可が得られれば、晴れて借金ゼロとなります。
 
ただし、自己破産には次のようなデメリットもあります。まず、家や車、有価証券といった財産を失うことになります。また、自己破産後5年から7年はお金を借りることができなくなります。
>>一部の消費者金融では債務整理後の借入も可能~ヤミ金で借りる行為はダメ
 
いわゆるブラックリストに名前が載るので、金融機関の審査が通らなくなるのです。さらに、警備員や保険外交員のような仕事に就けなくなるので、当該企業に就いている人は注意が必要です。

 

コラム イロハ 返済    コメント:0

家族に内緒で借りた借金を返済できない場合は、両親や配偶者は借金返済の義務はある?




スポンサーリンク

家族に内緒で借金をするのは難しくない

他の家族に内緒で借金をするというケースは珍しくありません。たとえば、子供が親には言わずにクレジットカードやカードローンと契約してキャッシングをする、あるいは夫、あるいは妻が配偶者に内緒で借金をするといったケースが考えられます。
 
関連記事:
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート収入があれば簡単借入審査
>>配偶者貸付とは?専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるのは無理?
 
家族に内緒で借金をすることが可能なのは、審査の際に、同居している家族に連絡をしないといけないといった法律がないからです。たとえば、親と同居している子供であっても、既に成人に達していれば、クレジットカードもカードローンも自分の判断で契約することが可能です。
 
クレジットカードやカードローンは、保証人は不要で契約できるケースが多いです。あくまでも原則的に不要ということなので、場合によっては求められることもありますが、それは、審査の時に言われることなので、保証人をつけたくないときは、申込者の方から断ることも可能です。なので、カード発行基準に達していれば、家族を保証人にしなくても、借金をすることは可能なのです。
 
では、もしそうやって自分の判断で契約したカードを利用して借金をし、返済できないということになってしまった場合、債務者の親や配偶者だからということで代わりに返済しなくてはいけなくなるのでしょうか。
 
 

もし子供や配偶者がお金を返済できないという状況に陥ったら

結論から言うと、たとえ、自分の子供や妻が借金をして返済できない状態に陥ったとしても、親や夫が代わりに返済しないといけないという決まりはありません。
 
お金を貸した業者が、債務者の親や配偶者に対して、債務者の代わりにあなたが返済してくれませんかと言うことは禁止されています。業者によっては、遠回しにそういったことを匂わせてくることもありますが、自分が代わりに返すつもりはないと断ることが可能です。ただ、断れるのはあくまでも、保証人になっていない場合であり、もし、保証人になっていたとしたら、代わりにお金を返す義務が生じます。
(⇒通常、貸金業者は恫喝して返済を要求しませんが、闇金融の返済要求はリスクある
 
子供や配偶者が借金を返せず、自分も代わりに返すつもりはないという場合、なにか問題はあるでしょうか。まず考えられるのは、督促の電話が自宅にかかってくるということです。勿論、実際にお金を借りた人間を呼び出せばいいのですが、多重債務を返済できないという状況だと、一日にいろいろな業者から電話がかかってくるので、非常にわずらわしい状態になるでしょう。
 
返済できない状況が続いて、最終的に自己破産してしまった場合、破産者がいる家として自宅の住所が公開されてしまうことになります。
 
 

代わりに返す場合は借りた本人に任意整理させてから

破産者の氏名、住所は誰にでも見られる情報なので、その家族が破産したのは自分ではないと言ったとしても、ローンの申し込みで影響が出る可能性はあります。
 
では、自分が代わりに返すという選択をした場合は、どうすればいいのでしょうか。まず、そのことを貸金業者に正直に言って、利息や遅延損害金を含めたお金を一括で返すのは損です。一番いいのは、債務者本人に任意整理をさせることです。これはそれほど難しいことではありません。お金を借りた人間に対して、おまえが、おまえの名前で弁護士などに対して任意整理を頼めと言うだけです。
 
ほとんどの場合、貸金業者との和解は成立して、利息と遅延損害金がなくなり、利率がグレーゾーン金利だった場合は元金も引き直されて、最初の債務額も低い額を返せばいいということになります。その段階までいったら、代わりにお金を返せばいいのです。そうすれば、貸金業者の言い値で支払うときと比べて、相当な金額を払わずに済みます。
 
任意整理なので、自宅の住所が公に公開されてしまうこともありませんし、破産の場合と比べれば、元金の返済は行うので、同居している人間がローンを組むときの影響は抑えられます。

 

タグ :

コラム イロハ 返済    コメント:0

複数の借金がある場合、おまとめローンと債務整理どちらがお得?




スポンサーリンク

おまとめローンと債務整理のどちらがお得?

複数の借金がある場合に、借金の返済の負担を少しでも減らしたり、返済の手間を減らすために行なうのがおまとめローンです。
 
例えば金利18%で50万円を3社から借りている場合に、それらを1社にまとめて金利15%で150万円を借り換えする場合などです。
 

 
おまとめローンをすると多くの場合に金利が低くなり、借り入れ総額が大きいほど利息の負担が大きく減らせるので、かなり費用が浮くケースもあります。債務整理をするためには返済困難である必要があるので、返済に困っているわけではなく、ただ費用を浮かせたり、複数のローンを一本化して返済の手間を減らしたいという場合には迷うことなくおまとめローンという選択肢をとることになります。
(⇒プロミスをおまとめローンとして利用する方法と審査基準とは?
 
おまとめローンは限度額が大きいので、通常のローンよりも審査が厳しくなります。そのため、年収に対して借金の負担が大きすぎる場合には審査に通らないのでおまとめローンはできません。また、すでに延滞をしてしまっている人も、審査に通ることは難しくなるので、債務整理という選択肢しかない場合があります。
 
問題なのは、おまとめローンと債務整理のどちらでもできる場合に、いったいどちらの方法をとるほうがお得なのかということです。
 

おまとめローンよりも債務整理のほうが良いという意見とは?

インターネット上には、複数の借金がある場合には、おまとめローンをするよりも債務整理をするほうが良いという意見も見かけます。これはいったいどういった理由なのかというと、「利息の支払いが無駄である」ということらしいです。
 
おまとめをしても、一定の利息は支払わなければならず、返済期間が延びる場合などには利息がおまとめ前よりも増えるケースもあります。この利息が無駄だと言っています。
 
しかし、おまとめをすればたしかに利息の支払いはしなければなりませんが、おまとめ前の借金についても、おまとめ後の借金についても、きちんと契約を守って返済することになります。
 
それに対して任意整理をすればたしかに利息はゼロにできますが、これは契約した内容を無視して法律の力で借金を減額するという方法であり、金融機関からのイメージは良くありません。
 
その上、任意整理をした場合には金融事故となりますので、信用情報におよそ5年間事故情報が残ります。この信用情報に事故情報が記録された状態を、よくブラックリストに載っていると言いますが、およそ5年もの長い間ブラックリストに載ってしまい、その間はクレジットカードやローンが利用できなくなるのです。
 
任意整理をする場合にはこのデメリットの説明が詳しくされない場合があるので注意が必要です。
 
 

任意整理をすることのデメリットとは?

おまとめローンを検討している人というのは、おそらく返済不能な状態にはなっていないでしょうから、債務整理をするなら任意整理をすることになると思います。
 
任意整理をすれば、高い確率で利子をゼロにすることができ、残りの債務をおよそ3年かけて返済していくことになります。ブラックリストに載るのはおよそ5年間ですが、もしも任意整理後の返済中に延滞をしてしまった場合には、いつまでも個人信用情報から事故情報が消えません。
 
個人信用情報に事故情報が記録されていると、クレジットカードやローンの審査に通らなくなりますが、このデメリットは普通の人が思っているよりも大きい場合があります。将来住宅ローンが組めなくなりマイホームが持てなくなったり、自動車ローンが組めないため新車が購入できなくなったり、スマートフォンが分割払いで契約できなくなったり、生活に影響することもあります。
 
また、賃貸マンションを借りるときに保証会社をつける場合がありますが、この保証会社は多くが信販会社なので、個人信用情報を照会されて事故情報が見られてしまい、審査に通らないということが起きます。すべての保証会社が信販会社ではないので、賃貸契約ができなくなるわけではないですが、選択肢は減ってしまいます。任意整理をするならこのようなデメリットをよく考えて行ないましょう。

 

タグ : 

イロハ 借り換え・おまとめ イロハ 返済    コメント:0

通常、貸金業者は恫喝して返済を要求しませんが、闇金融の返済要求はリスクある




スポンサーリンク

借金の厳しい取りたてはほとんど無くなりました

業者が借金をした人の家を訪れて「金を返せ」と恫喝をし、それに妻子が怯えるというような描写は昭和のドラマやコミックなどで比較的よく見受けられた描写です。この描写の影響は大きく残っており、現代でも「借金を返さないと厳しい取りたてが来る」というように考えている人は少なからずいるものです。
 
ただ現実として借金の取りたてということを考えてみると、そうした厳しいものはほとんどされなくなっています。というのも、こうした借金の返済を迫る消費者金融などの業者に対しては、非常に厳しい貸金業法という法律で規制がされるようになったからです。
 
具体的な部分としては貸金業法第二十一条であり、ここには「貸し付けの契約に基づく債権の取りたてをするにあたって、人を威迫し、または次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動はしてはならない」というように書かれています。
 
噛み砕いて説明すると「取りたては迷惑にならないように行ってください」というようなことが記載されており、過去のイメージにあったような暴力的な言動や訪問などについては、そのほぼ全ての部分が禁止されるようになったのです。
 
 

借金は返済しなくとも大丈夫?

さて、いきなり家のドアを叩かれたり脅されたりといったようなことはフィクションの出来事だということを踏まえて、一つ勘違いしてはならないポイントになっているのが「借金は返済するもの」だということです。確かに取りたてにもルールがあるため、いきなり命の危険が及ぶということはまずありませんが、その代わりに業者は法律に認められた最大限の範囲で返済を迫るようになっています。
 
返済が遅延して、連絡をしても払ってくれないようであれば裁判所に申し立てをして訴訟を起こしますし、その訴訟が終わった後には財産の没収などの強制執行が行われることになるでしょう。強制執行については「差し押さえ」と言った方がわかりやすいですが、財産が一部を除いて没収され、返済に無理やり充てられるということは幸福なことではありません。
 
「業者は何もしてこない」というように考えて、勝手に契約を無視したりしたのであれば、その人には非常に痛いしっぺ返しが訪れることは間違いないでしょう。契約者の権利が不当に侵害されることが無いようにされているのと同じ様に、債権者の権利ももちろん守られているのだということを理解の上、お金を借りるようにしましょう。
 
 

一部ではまだ行われている厳しい取りたて

ここまででフィクションのような事態にはならないということを説明してきましたが、じつはそれは「ほとんど行われていない」というものです。実際には法律を守らずに債務者を恫喝したり、暴力を振るおうとしたりといったような事業者がまだ存在しています。
 
そうした業者の代名詞となるのが「闇金」です。ここまでのことは全て法律があり、法律で禁止されているから行われないと言うだけの話に過ぎません。この点において闇金はそもそも違法の貸金業者であり、法律で禁止されているからと言って優しい方法を選んでくれるというような保証はどこにもないのです。
(⇒闇金の利息は尋常ではありません。トゴ (10日で5割) の年利は1825%にもなる
 
過去のようにマグロ漁船に乗せられる、風俗店で働かされると言ったようなことはほとんど行われていませんが、闇金から借金をして幸福な結末を迎えることはほぼあり得ないことです。
 
たとえ警察に相談しても「自業自得」という一面が否定できないためなかなか動いてもらえず、結局費用を払って弁護士や司法書士にトラブルを解決してもらうという事例が非常に多くなっています。そうした結末を迎えてしまうことのないように普段から「借金をする」ということはどういうことか、しっかり考えて決断するようにしましょう。

 

コラム イロハ 返済    コメント:0