お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

銀行カードローンと消費者金融の違いとは?総量規制の対象かどうか




スポンサーリンク

みずほ銀行や三井住友銀行などの銀行カードローンと消費者金融の最大の違いは、総量規制の対象となるかどうかにあると思います。
 
消費者金融は総量規制対象になります。従って総収入の3分の1を越える金額の融資は出来ないようになっております。
 
一方の銀行カードローンはこれに該当しない融資ですので大口融資が可能となります。もちろん、消費者金融でも大口の融資枠を持っていますが、それは収入の多い人でないと得られない融資枠でありますが、銀行カードローンの場合は総収入を超えていても融資が受けられる場合が多いのです。これは急な大口資金が必要になったときに助かりますね。
 
目的ローンなどの銀行のローンもこの総量規制の対象とはならないです。ここが消費者金融と銀行カードローンの違いといえましょう。
 
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行カードローンです。総量規制対象外ですので最大で500万円までの融資が受けられるわけです。あなたはまず所得証明と身分証明を用意してインターネットから申し込めばいいのです。
 
審査はバンクイックにお任せであなたは結果を待つのみ。最短30分で結果が出て、問題がなければあなたの指定した口座へと融資金が振り込まれるのです。消費者金融は小口の融資枠しか持たない会社が増えています。
 
それは総量規制にぶつからないように融資枠を設定しているからなのです。もし大口の融資をご希望なら、バンクイックのような銀行カードローンを選択するのがいいでしょう。

 

タグ :

コラム    コメント:0

総量規制対象外とは?総量規制を回避するなら銀行や信用金庫でキャッシング




スポンサーリンク

総量規制対象外という言葉を聞いたことがありますか?

総量規制とは、2010年の貸金法改正により、総収入の3分の1を超える借り入れは出来ないという決まりごとです。
 
多くの消費者金融がこの総量規制の対象となり、貸金業は衰退したかのように見えました。そこで台頭してきたのがバンクイック(三菱東京UFJ銀行)やみずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンなのです。
 
銀行カードローンは総量規制の対象にはならないのです。だから大口の融資も可能になっているのです(要審査)。
 
とある銀行カードローンなどは1000万まで貸し付け可能と謳っているところもありますが、多くの銀行カードローンは、信用金庫なども含め500万までを限度枠と設定しているようです。

銀行カードローン限度額

・横浜銀行カードローン(1000万円)
・みずほ銀行カードローン(1000万円)
・ソニー銀行のカードローン(800万円)
楽天銀行 スーパーローン(500万円)
・北洋銀行カードローン スーパーアルカ(1000万円)
・常陽銀行カードローン<キャッシュピット>(500万円)
・ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>(1000万円)
・じぶん銀行カードローン じぶんローンau限定割(800万円)
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(1000万円)
 
そこまでぎりぎり引き出せるかは、あなたの年収などと照らし合わせて決まっていくのです。あなたの年収、他社との借り入れバランスを考慮した上で限度枠が設定され、契約にいたるわけです。他者から借り入れがまったくなければ総量規制にも触れることがないので限度枠いっぱいまで融資されるでしょう。
 
他者に借り入れがあっても返済等に滞りがなければ問題ないので融資は限りなく限度枠いっぱいまで下りるでしょう。総量規制対象となるのは、クレジットカードのキャッシング枠であったり消費者金融における借り入れなのです。
 
銀行カードローンはこれに該当しないので安心して大口融資申し込みすることが出来ます。あなたは借りた金額に応じた返済を後は滞りなくしていけば何の問題もありません。
 
(参考)総量規制とは | 貸金業法について
www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

 

タグ :

コラム    コメント:0

総量規制対象外、低金利が魅力の武蔵野銀行カードローンは専業主婦も借入可能




スポンサーリンク

低金利だが年収条件があるシグナル

武蔵野銀行カードローンにはニーズに合わせて二つの種類が用意されています。
 
一つはシグナスと呼ばれるもので、低金利での融資が可能です。しかし、その代わりに、利用条件として年収条件が定められています。たとえば、融資限度額が150万円までは年収が300万円以上、融資限度額が300万円の場合は年収が600万円、最高額の融資限度額が500万円の場合は年収が1000万円以上という具合に、融資限度額の倍の年収が必要になってきます。
 
利用条件としてはかなり厳しいですが、総量規制がある消費者金融と比べれば、総量規制対象外の武蔵野銀行カードローンはこのシグナルといえど、まだ楽です。総量規制は年収の3分の1までですから、たとえば融資限度額が300万円であれば、年収は900万円以上ということになります。
 
金利は100万円までの融資で年9.5%、150万円で年8.5%と高額融資になるほど低くなっていき、融資最高額の500万円で金利は4.5%です。
 
 

年収条件がないスマートネクスト

シグナルに対して、もう一つの武蔵野銀行カードローンはむさしのスマートネクストと呼ばれるものです。継続安定した収入があれば、年収に関係がなくパートやアルバイトでも利用可能です。また配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方も利用可能です。
 
金利は30万円の融資で年14.8%、200万円で年12.8%、そして融資最高額の300万円で年6%となっています。シグナルと比べれば高いですが、消費者金融などと比べればスマートネクストもかなりの低金利と言って良いでしょう。
 
武蔵野銀行カードローンはシグナルもスマートネクストも総量規制対象外ですが、だからといっていくらでも借りて良いというわけではありません。
 
やはり、月々の返済計画をたて、毎日の生活に支障がない程度の額に抑えることが大切です。そして、余裕のあるときはまとめて返すようにすると、返済総額や返済期間を縮めることができるので返済が楽になります。

 

タグ : 

地方銀行・信用金庫    コメント:0