お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

複数の借金がある場合、おまとめローンと債務整理どちらがお得?




スポンサーリンク

おまとめローンと債務整理のどちらがお得?

複数の借金がある場合に、借金の返済の負担を少しでも減らしたり、返済の手間を減らすために行なうのがおまとめローンです。
 
例えば金利18%で50万円を3社から借りている場合に、それらを1社にまとめて金利15%で150万円を借り換えする場合などです。
 

 
おまとめローンをすると多くの場合に金利が低くなり、借り入れ総額が大きいほど利息の負担が大きく減らせるので、かなり費用が浮くケースもあります。債務整理をするためには返済困難である必要があるので、返済に困っているわけではなく、ただ費用を浮かせたり、複数のローンを一本化して返済の手間を減らしたいという場合には迷うことなくおまとめローンという選択肢をとることになります。
(⇒プロミスをおまとめローンとして利用する方法と審査基準とは?
 
おまとめローンは限度額が大きいので、通常のローンよりも審査が厳しくなります。そのため、年収に対して借金の負担が大きすぎる場合には審査に通らないのでおまとめローンはできません。また、すでに延滞をしてしまっている人も、審査に通ることは難しくなるので、債務整理という選択肢しかない場合があります。
 
問題なのは、おまとめローンと債務整理のどちらでもできる場合に、いったいどちらの方法をとるほうがお得なのかということです。
 

おまとめローンよりも債務整理のほうが良いという意見とは?

インターネット上には、複数の借金がある場合には、おまとめローンをするよりも債務整理をするほうが良いという意見も見かけます。これはいったいどういった理由なのかというと、「利息の支払いが無駄である」ということらしいです。
 
おまとめをしても、一定の利息は支払わなければならず、返済期間が延びる場合などには利息がおまとめ前よりも増えるケースもあります。この利息が無駄だと言っています。
 
しかし、おまとめをすればたしかに利息の支払いはしなければなりませんが、おまとめ前の借金についても、おまとめ後の借金についても、きちんと契約を守って返済することになります。
 
それに対して任意整理をすればたしかに利息はゼロにできますが、これは契約した内容を無視して法律の力で借金を減額するという方法であり、金融機関からのイメージは良くありません。
 
その上、任意整理をした場合には金融事故となりますので、信用情報におよそ5年間事故情報が残ります。この信用情報に事故情報が記録された状態を、よくブラックリストに載っていると言いますが、およそ5年もの長い間ブラックリストに載ってしまい、その間はクレジットカードやローンが利用できなくなるのです。
 
任意整理をする場合にはこのデメリットの説明が詳しくされない場合があるので注意が必要です。
 
 

任意整理をすることのデメリットとは?

おまとめローンを検討している人というのは、おそらく返済不能な状態にはなっていないでしょうから、債務整理をするなら任意整理をすることになると思います。
 
任意整理をすれば、高い確率で利子をゼロにすることができ、残りの債務をおよそ3年かけて返済していくことになります。ブラックリストに載るのはおよそ5年間ですが、もしも任意整理後の返済中に延滞をしてしまった場合には、いつまでも個人信用情報から事故情報が消えません。
 
個人信用情報に事故情報が記録されていると、クレジットカードやローンの審査に通らなくなりますが、このデメリットは普通の人が思っているよりも大きい場合があります。将来住宅ローンが組めなくなりマイホームが持てなくなったり、自動車ローンが組めないため新車が購入できなくなったり、スマートフォンが分割払いで契約できなくなったり、生活に影響することもあります。
 
また、賃貸マンションを借りるときに保証会社をつける場合がありますが、この保証会社は多くが信販会社なので、個人信用情報を照会されて事故情報が見られてしまい、審査に通らないということが起きます。すべての保証会社が信販会社ではないので、賃貸契約ができなくなるわけではないですが、選択肢は減ってしまいます。任意整理をするならこのようなデメリットをよく考えて行ないましょう。

 

タグ : 

イロハ 借り換え・おまとめ イロハ 返済    コメント:0