お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

信販系のカードローンの特徴とは?銀行カードローンや消費者金融に比べると、どこがいい?




スポンサーリンク

カードローンの種類について

銀行のキャッシュカードのように専用口座から、借り入れ限度枠内であればATMで現金を自由に引き出す事が出来るカードローンはその利便性から幅広い年代に普及しています。
 
カードローンの種類は大きく分けて5系統に別れます。
 
・銀行本体及び銀行の子会社が発行する銀行系カードローン
・クレジット会社が発行する信販系カードローン
・消費者金融会社が発行するローンカード
・大手スーパーやデパート等の流通企業が発行するカードローン
・ネットバンクやネットショッピング関連会社の発行するIT系カードローン
 
なぜ信販系と呼ぶかと言いますと、当該カードを取り扱っているクレジット会社の正式名称を信用販売事業といいますが、いかにも長い名称の為に信販と簡略化してているからです。5系統のカードローンの中で今最も人気のあるものが信販系と言えます。
 
銀行は固いイメージがあり敷居が高く、かと言って消費者金融系は過払い金問題があり不安に感じ、また流通系やIT系での取り扱いはまだ浸透していない傾向にありますが、クレジットカードで馴染みがあり、クレジットカードに付帯する各種サービスが優しさをイメージさせるのがその人気の理由だと言えます。
 
 

信販系カードローンの特徴について

特徴としては、前項で少し触れたところのクレジットカード発行の実績による身近なイメージと安心感です。
 
次に良くも悪くも会社により利息の幅が大きいことです。実質年率を低く設定しているところでは銀行系よりも低く、一方利息の高いところでは消費者金融を上回るところさえ珍しくはありません。この点は事前によく調べておく必要がありましょう。
 
・セゾンファンデックス「VIPローンカード」(4.0%~17.8%)
・オリックスVIPローンカード(3.0%~14.8%)
・セゾンマネーカード(15%~15%)
・オリコ CREST(4.5%~18%)
 
また金利設定は全ての系統で借入枠を大きくするほどに低くなり有利なるのでこの点もチェックが必要です。
 
借入申込時の審査の特徴は、銀行よりハードルは低く、消費者金融よりはハードルが高いと言えます。他に借入のある人は総量規制枠による借入制限を良く理解し意識しておくに越した事はないでしょう。
 
他の特徴としては、クレジットカード会社が発行するだけあって、付帯サービスのつくローンが存在すると言う点です。もともとクレジット会社はカードを利用してもらう事で成り立つ事業である為に、クレジットカードにサービスを付随させる事で利用者の獲得を目指してきたとも言えます。
 
借入利息や召還年限の条件などを加味した上で、何処が自分にとって使い勝手が良いか、比較サイトなどで十分お調べになっておく事をお勧めします。
 
 

信販系に向いている人のケース

先ず、所得がそこそこあり、他社からの借入がある人にとっては、中間的立ち位置にある信販系は審査の点で向いている人と言えます。
 
前述したように消費者金融程には審査のハードルは低くはありませんが、そこそこ融通が利くのも事実です。しかし金利を低く設定しているところでは、他社からの借入が3社を超えると審査は難しくなる傾向にあり注意を要します。
 
借入をした経験はないがクレジットカードを持っていると言う人には、同じクレジット会社でカードローンを取り扱っている可能性が十分あります。少しでも知っている会社で借り入れたほうが安心感を得られると言うものです。
 
更に利用しようと考えているクレジット会社のクレジットカードを持っている場合は、新たに口座設定をする必要はなく、この点でも向いている人と言えます。
 
更にそのクレジットカードの利用実績がそれなりにあり、且つ履歴に全く問題がないとなれば更に借入申し込みの際の有利な条件にもなります。
 
最後に、少額の借入を考えている方も向いていると人と言えましょう。何故なら限度額設定が銀行や消費者金融よりも定額で、その点借り過ぎ防止につながからです。計画的な借入と計画的な返済が各人のローンライフを約束する秘訣です。十分な事前調査を行い、自分に合った借入先を選択しましょう。

 

タグ :

イロハ お金を借りる    コメント:0