お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

専業主婦がお金を借りる~消費者金融でのキャッシングは?銀行カードローンは借りれる?




スポンサーリンク

専業主婦はお金を借りにくい

専業主婦は借金ができないと言われることが多いです。ここでいう専業主婦とは、収入のない主婦のことを指します。
 
夫が働いていて、奥さんは働かなくても良い場合には専業主婦になることもあるでしょう。あるいは自営業者で夫の仕事を手伝っていても、税制上は夫のみの収入にしているというケースもあります。パートやアルバイトで働いている人は専業主婦と呼びません。
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん。パート主婦はお金を借りれる
 
また、不動産所得や利子所得など、何らかの所得がある人も、ここでは専業主婦とは呼ばないことにします。
 
全く収入のない人、あるいは収入があることを証明できない人のことを専業主婦と呼ぶことにしましょう。というのも、収入があるかどうかということが、お金を借りる上では非常に大事なことだからです。収入があるのなら、それを元にして返済していくことができるでしょう。
 
しかし収入がないのであれば、本人が返済をしていくのは無理でしょうから、金融機関は融資を行いたいとは思いません。返済されないだろうと思われる人に融資を行うのはリスクが高すぎるからです。このようなことから専業主婦は金融機関からお金を借りにくいようです。ただ、絶対に借りられないというわけではありません。
 
 

総量規制の理解と借りるコツ

専業主婦が借りられない理由は、法律によって総量規制が定められているからです。総量規制とは、借り入れのできる金額を年収の3分の1に制限するという法律です。
 
もしもそれを超えて融資を行った場合、金融機関は違法行為を行ったことになりますから、何かと不都合が生じます。法律に反した融資を行うべきではないというのは、これはどの企業にとっても同じことでしょう。専業主婦は年収が0ですから、その3分の1ももちろん0です。つまり、1円も融資できない事になるわけです。
 
ただ、注意しておきたいのは、これを定めている法律が貸金業法だという点です。つまり、貸金業法が適用される金融機関には総量規制があり、専業主婦は借りられないということを意味します。貸金業法が適用されない金融機関があれば専業主婦でも借りられる可能性があると言えるでしょう。
 
では、その金融機関とは何かというと、その一つの例が銀行です。銀行は貸金業法には縛られませんから、総量規制はないわけです。銀行というと審査が厳しいものだというイメージが強いかもしれませんが、専業主婦に関しては貸金業者よりも銀行のほうが借りやすいという傾向があるのです。
 
 

専業主婦が借りることのできるサービス

貸金業法には総量規制が定められていますから、消費者金融などの貸金業者から専業主婦が借りるのは難しいのですが、借りられないわけではありません。収入のある夫の同意書があれば借りられるケースもあります。
 
それを認めてくれるのかどうかというのは貸金業者によって異なりますから、法的には借りられるようになっていても、金融機関独自の判断で借りられないということもあります。どちらかというと、専業主婦には融資をしない貸金業者のほうが多いでしょう。
 
ですから、銀行から借りるという方が現実的です。銀行の中には、専業主婦向けのカードローンを提供しているものもあるくらいです。

専業主婦に人気ある大手カードローン

・じぶん銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ソニー銀行
・みずほ銀行
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・千葉銀行
・横浜銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
 
ただ、この場合には返済能力があるのかどうかの審査が夫に対して行われるという点に注意が必要です。夫の同意書が必要になるのが普通だと考えられますし、また場合によっては夫の収入を証明する書類の提出が求められることもあります。夫がブラックリストに載っているなど、夫自体が借りられないような状況であれば、借りられないと考えるのが妥当です。
 
ただ、普通に生活をしていけるくらいの収入があれば問題はありませんから、貸してくれる銀行を探してみましょう。

 

タグ :

イロハ 主婦・専業主婦    コメント:0

専業主婦や専業主夫でもお金を借りられる即日審査のイオン銀行カードローンBIG




スポンサーリンク

様々な立場の女性が利用できるカードローンBIG

働く女性が増えたとはいえ、勤めに出ず、家庭を守る専業主婦の立場である女性もたくさん存在します。専業主婦だからといって、お金を必要としないわけではありません。結婚式やお葬式、急な通院や入院、今月の家計のやりくりが難しくなった場合に、借金ができれば助かると感じるものです。
 
そんな専業主婦が利用できるのが、イオン銀行が提供するカードローンBIGです。カードローンBIGなら専業主婦でも借入可能と公言していますので、躊躇することなく申し込めます。
 
専業主婦ではなく、アルバイトやパートとして勤めている主婦の立場でも、問題ありません。使いみちは自由ですから、様々なシーンで活躍してくれます。
>>消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる時、男女差で審査基準は違う?
 
やむを得ない理由だけでなく、旅行やエステ、ショッピングなどの娯楽用としても、借りることができます。
 
 

低金利が魅力

専業主婦の立場としては、できるだけ負担の少ない借金をしたいと望むことが多くなります。負担の少なさは金利の高さがポイントになりますが、イオン銀行のBIGは3.8%~13.8%の低金利を実現していますので、手数料の負担を抑えた借入が容易にできます。
 
本人に収入がない専業主婦の場合だと、BIGで借りられる限度額は50万円と低くなります。
 
限度額が低いと最初は最も高い金利が適用されるケースがどこの会社のサービスでも目立ちますが、BIGならば、他と比べてもかなり低い金利ですので、少ない借入を希望する人の心強い味方になってくれます。
 
イオン銀行のサービスとあり、関連会社が運営するスーパーのATMから利用できる点が、主婦が使いやすいサービスだと判断できます。
 
 

申込方法や注意したいポイント

BIGを申し込むなら、インターネットやイオン銀行の窓口、郵送から選びます。インターネットで申し込めば、状況次第で即日審査に対応してくれますので、素早くお金を手に入れることが可能です。
 
BIGを利用する条件として、イオン銀行に預金口座を開設する必要があります。しかし、BIGの申し込みと同時に預金口座の開設がインターネットからできますから、手間なく手続きを終わらせることができます。
 
ローンカードは早ければ4日から5日くらいで郵送されます。場合によっては10日くらいかかる点についても注意が必要です。
 
また、イオン銀行以外のATMを利用すると、手数料が発生します。専業主婦が節約しながらお金を借りるなら、スーパーなどにあるイオン銀行のATMの利用に限定しましょう。

 

タグ :

地方銀行・信用金庫    コメント:0

専業主婦、年金受給者でもお金を借りられるしあわせのカードローン~琉球銀行




スポンサーリンク

種類豊富なカードローン

琉球銀行(沖縄県)のメインとなるカードローンは、「しあわせのカードローン」でしょう。満20歳以上で65歳以下の方を対象にしていて、専業主婦、アルバイト、パート、年金受給者の方でも申し込みが可能です。
>>旦那に内緒でお金を借りれる消費者金融はたくさん
 
限度額は10万円~500万円、金利は年5.0%~年13.5%とかなり低めです。無収入の専業主婦でもお金を借りることができるのは、総量規制対象外である銀行カードローンならではです。
>>退職やリストラなどで無職(無収入)になった場合、契約しているカードローンはどうなる?
 
しかも、最高でも金利が年13.5%なので、限度額10万円~30万円の少額融資でもこの低金利が適用されます。
 
冠婚葬祭などでちょっとお金が必要になったときなどのために1枚持っておくと大変便利なカードです。審査に時間がかかることもありますので、営業地域内に住んでいる方はあらかじめカードを作っておくことをお勧めします。いざというときに融資が間に合わず、金利の高い消費者金融でしか借りられないということになったら損をすることになります。
 
琉球銀行ではその他にも種類豊富なカードローンが用意されています。「軍用地主ローン」などは沖縄ならではの特色ある金融商品と言えます。
 
さらに、「公務員ローン」などではポイント制が採用されており、琉球銀行の口座を給与振込口座にしているなどの一定の条件を満たせばポイントが付き、優遇金利を受けられるようになっています。ただでさえ低い金利なのに、さらにお得な金利で借金ができることになります。

 

タグ :

地方銀行・信用金庫    コメント:0