お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

審査なしのキャッシング会社は危険ですか~無審査キャッシングは闇金融やクレジットカード現金化




スポンサーリンク

キャッシング会社は必ず審査を行います

少なくとも金融機関と名乗っているキャッシング会社であれば、融資をする前に必ず審査を行います。融資を行う目的は、金利から得られる利益を取ることが彼らの事業目的であるからです。従って、間違いなく返済できるかどうかということは事前に必ずチェックしなければなりません。審査がなければ、彼らの事業が成り立たないからです。
 
稀に自社審査という、独特の審査を行うキャッシング会社もありますが、ほとんどの場合は中小のキャッシング会社です。これは、個人信用情報などで問題があり大手では審査に通らない顧客に対して、独自の審査を行うケースです。これも、審査をしたうえで通常よりもボーダーラインを下げて融資をするというもので、審査なしというのはあり得ません。
 

自社審査の消費者金融

・フタバ(レディースフタバ)
・アロー
・フクホー
・セントラル
・ニチデン
・エス・ジー(SG)ファイナンス
・ライフティ
・ご融資どっとこむ
・ユニーファイナンス
・アスカ
・キャレント
 
消費者金融などの場合には、貸金業者として貸金業法の適用を受けてすので審査なしで融資を実行し、総量規制に引っ掛かる場合には行政処分の対象となります。従って、審査は必ず行われます。
 
審査なしで借金をさせてくれるのは、銀行や消費者金融や信販会社ではない、いわゆる無許可で金貸しを行っている業者となります。最近で言うと闇金融といわれている業者のことです。彼らが審査をしないのは、金利で利益を得ようと考えているわけではないからです。
(⇒闇金の利息は尋常ではありません。トゴ (10日で5割) の年利1825%にもなる
 
 

危険なキャッシング会社の収益源とは

闇金融とは、金利で利益を上げることで成り立っているわけではありません。いくら暴利を取ったところで、顧客が自己破産などをしたら金利どころか貸したお金も戻ってきません。元々、普通の人が危険な闇金融を利用することはありません。利用するのは、通常の金融業者からは貸してもらえないけれども、どうしてもお金が必要な人たちです。つまりは、ほかの選択肢がない人たちなのです。
 
闇金融を利用する人たちの多くは、自己破産者や多重債務者なのです。当然、融資をしたところで完済できる確率は非常に低いわけです。そういう人たちにお金を貸すのが闇金融なのです。
 
当初から返済を当てにしているわけではありませんので、審査なしで問題ないわけです。それでは、何故に闇金融は困っている人たちに融資をするのでしょうか。慈善事業でしょうか。もちろん、そんな訳はありません。困っている人たちは何でもするからです。溺れる者は藁をもつかむです。
 
お金を返せなくなった人たちに、闇金融は返済の変わりに仕事をさせます。もちろん、合法的ではない仕事です。知らず知らずのうちに犯罪行為に手を貸してしまうことになるのです。これが、闇金融が融資をする理由です。
 
 

闇金融以外で審査なしのキャッシング会社とは

闇金融のような危険な業者は論外として、闇金融以外でも審査なしで融資をする業者が存在しています。危険度から行けば闇金融よりは大分ましですが、これもまた、まともな取引ではありません。
 
最近、よく見かけるのがクレジットカードの現金化です。これは、前提としてクレジットカードを所有していることが必要です。従って、自己破産者などの場合には10年間はカードが持てないことがほとんどなので対象から外れます。また、多重債務者などで、返済の延滞などで金融事故をおこしてクレジットカードが使えなくなっている人も対象外となります。
 


違法性と金利
「客の需要に応じた商行為」であり、限りなくグレーゾーンではあるが違法ではないという考え方がある一方で、「実質的には貸金業に該当する」という東京弁護士会の意見書が日本国政府(衆議院・参議院・金融庁・経済産業省・消費者庁・警察庁)に提出されるなど、違法とする考えもある。実質的な金利が法定利息を超えた闇金融レベルであることもある。
 
引用元:wiki

 
クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用してPCなどの高額商品を購入し、直ぐに売却することで現金を得ることです。これを専門にする業者が増えており、いろんなところで広告を見ますが膨大な手数料を取られてしまいますし、クレジットカードの金利は支払い続けなければなりません。
 
審査なしのキャッシング会社といえばそのとおりですが、クレジットカード会社では、この現金化の行為を禁止しているケースが多く、発覚した場合にはカードが利用できなくなることもあります。法的にはグレ―ゾーンということになっていますが、いずれにしても、まともな取引ではありません。"

 

タグ : 

コラム イロハ 借入審査    コメント:0