お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

プロミスをおまとめローンとして利用する方法と審査基準とは?




スポンサーリンク

法律の壁とおまとめローン

プロミスにはおまとめローンとしての商品はありませんが、通常のカードローンをおまとめ目的で利用することはできます。プロミス側も積極的におまとめローンについての相談には乗ってくれます。しかし、銀行の提供しているおまとめローンと違い、プロミスは消費者金融のため、年収の3分の1以上の貸し出しをすることができません(総量規制)。
 
そのためどんなに借入をしようとしても年収の3分の1までの借金しかまとめることができないのです。プロミスには自営者ローンという総量規制対象外の商品もありますが、そちらは自営業者でなくては利用することができません。しかしそれでも、細かいカードをまとめるためにはとても便利な貸金業者です。
 
借入件数を圧縮することは、その後銀行のおまとめローンへ切り替えるための第一歩となるのです。銀行では多すぎる借入先をまとめることはできません。それは審査基準がとても厳しく、たくさん借入先があると多重債務であると判断されてしまうためです。
 
まとめるためのローンなのに多重債務だと借りれないという矛盾がありますが、金融機関にとってもおまとめローンはリスクの高い金融商品なのです。誰でもまとめられるとは限りません。
 
 

プロミスの審査基準について

消費者金融であるプロミスは、銀行カードローンなどと比べると審査基準は同等でありますが、大手消費者金融なので、グループ銀行である三井住友銀行のATMの他、コンビニ各社に設置されているATMも利用でき、利用できる場所で困るようなことはないでしょう。
 
審査内容で判断されるのは、現在の他社借入件数や借金総額の他、年収、お勤め先、家族形態、住居形態などです。また申込みをすると信用情報にアクセスすることなります。信用情報には他社での返済履歴や利用履歴がわかるため、滞納を繰り返しているような場合、年収が高くても審査に影響が出てくることがあります。また、複数の会社に同時期に申し込みをすることも審査に影響があります。
 
おまとめとして契約する場合は希望金額が大きくなることになるため、収入証明が必要になってくる場面があります。プロミスでは50万円以上の希望額、もしくは他社での借入額と契約希望額が100万円を超える場合、収入証明の提出が必要になります。
 
実際に利用するかどうかは別として、枠は大きくしておいたほうが良いでしょう。枠が大きいとそれだけで金利が下がることがあるためです。おまとめとして利用する場合は例えわずかな金利差でも、将来的に大きく支払い金額が変わります。
 
 

金利を引き下げるためのテクニック

実はプロミスをはじめ、カードローンは金利を引き下げやすい商品となっています。クレジットカードのキャッシングなどは契約時の年利からあまり下がることはありません。下がるとしたら通常のカードからゴールドカードに切り替えた場合などでしょう。
 
カードローンにはゴールドカードはありませんが、利用実績を積み上げていくことで金利の引き下げを相談することができます。また、限度額を100万円以上にすることで、自動的に法律の上限で定められている15%まで下げることができます。
 
引き下げてもらうためには自分から行動をしなくてはなりません。なぜなら引き下げてもらうということは、それだけ企業側にとっては利益が減ってしまうためです。わざわざ企業側から申し出てくれるものではありません。できれば高い年利で貸し出したいと思うのが企業側ですが、リスクが低いと判断した人物には利息の引き下げ限度額の引き上げ(増額)をしてくれます。もちろん総量規制の対象内ではあります。
 
翌年年収がアップした場合は収入証明を提出することで、限度額を変更してもらうことも可能です。ただし場合によっては限度額が減ってしまうこともあるため、提出するタイミングには気をつけなくてはなりません。

 

タグ : 

貸金業者 プロミス イロハ 借り換え・おまとめ    コメント:0