お金を借りる

お金を借りるなら今すぐ借りれるカードローン

新社会人、初めてのカードローンについて~総量規制対象外の銀行ローンがいい?




スポンサーリンク

社会人になったタイミングで

カードローンの中には、アルバイトをしている等、収入がある事を条件に、学生でも利用できるものもあります。ですが、収入が不安定な学生時代よりも、新社会人になってから初めて契約を考えるという人が多くなります。
 
ただ、新社会人でも利用できるのかどうか、不安に感じるという人は少なくないでしょう。カードローンを利用する為には、安定した収入がある事が重要になってきます。初めて社会に出て、働き始めたばかりの状態でも、安定した収入があると認められるかどうか、不安に感じてしまう人は少なくありません。
 
しかし、公務員や正社員として新社会人になった場合、勤務実績が殆どない状態であっても、安定した収入があると見なされる事になります。公務員や正社員の場合、無期限雇用が前提になっているだけでなく、新社会人は、長く勤めたいと考え、その企業に入社している事が殆どです。勤務実績が殆どない状態であっても、これから先、何年もその企業で働き続ける可能性が高いと考えられ、審査に通りやすい状態となります。
(⇒公務員はキャッシングより地方職員共済組合貸付がおすすめ
 
社会人になったばかりでは、カードローンの審査に通らないのではないかと考えるよりも、まずは受けてみる事がお勧めです。
 
 

審査を受ける前にする事は

初めてカードローンの審査を受けたいと考えた場合に、まずする事は、業者選びです。銀行や消費者金融から選んでいく事になるのですが、公務員や正社員として働き始めた場合、お勧めなのは銀行です。
 
現在は消費者金融でも安心して利用する事が可能となっていますが、消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、年収の1/3を超える金額を借りる事が出来ません。それに対して、銀行というのは、銀行が設定している独自の上限額まで利用可能となっています。その上限額は500万円や800万円等、高額な事が一般的です。
 
・足利銀行 あしぎんカードローン“Mo・Shi・Ca”(モシカ)(500万円)
・群馬銀行 ナイスサポートカード(800万円)
・東京都民銀行 Webカードローン(500万円)
・名古屋銀行 新ミニマム(200万円)
・三重銀行 みえぎんカードローン(300万円)
・みなと銀行カードローン(800万円)
・徳島銀行 とくぎんカードローン(500万円)
・福岡銀行 ナイスカバー(300万円)
・琉球銀行 しあわせのカードローン(500万円)
・鹿児島銀行 かぎんカードローン(500万円)
(限度額)
 
総量規制の対象になる消費者金融の場合、年収が300万円の場合、100万円が上限となってしまいます。その事を考えると、最初に消費者金融を選ぶよりも、銀行を選んでおく方が、いずれ高額なお金が必要になった時に頼りになる等、メリットが大きくなります。更に、銀行は、消費者金融に比べ、金利が低く抑えられている事も特徴となっています。
 
ただ、正社員であっても、収入が極端に低い等、審査の条件に不安がある場合、無理に銀行を選ばずに、比較的審査が甘い消費者金融を選ぶ事がお勧めです。それにより、審査落ちのデメリットを回避する事が出来ます。
 
 

カードローンの審査の流れ

新社会人になったばかりの状態で、初めてカードローンの審査を受けるというのは緊張をする可能性が高くなります。その場合、契約、利用までの流れを知っておくと、落ち着いて対応できます。現在、最も手軽な申込方法として人気なのが、WEBからの申込です。
 
専用フォームに必要事項を入力し送信をすると、電話での本人確認や、職場への在籍確認等、様々な審査が行われた後、審査結果を教えて貰う事が出来、通っていればそこで契約となります。本人確認や在籍確認が不安という人も少なくありませんが、カードローンの審査の為の電話だとは分からないように、スタッフは業者名を名乗らず、個人名で電話をしてくれる等の配慮をしてくれています。ですから、安心して審査を受ける事が出来ます。
 
契約後の借入は、WEBからの場合、振込という形で行われますが、振込可能な時間帯に契約まで済ませなければ、その日のうちに現金の借入は出来ない事になります。ただ、今すぐ借りる用事がなくても、先に審査だけ受け、いつでもお金を借りる事ができるカードだけ受け取っておくという事も有効です。それにより、急に現金が必要になった時、慌てず借入をする事が出来る状態になります。

 

タグ :

イロハ お金を借りる    コメント:0